Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCE Exam内容

2009.12.10
本日は、先日受験したFCEに関して補足です。
Speaking Examについてはこちら
他4パートのExamに関してはこちら

FCEは5パートから構成される試験です。
詳しくはCambridgeのホームページでFCEについて説明しています。こちら

・Reading(1時間)
4パートに分かれ、全部で30問。全て選択問題。
小説、本(フィクション・ノンフィクション)、ジャーナル、新聞、雑誌etcから出題。

・Writing(1時間20分)
2つのWritingを提出。120~180字の間で書く必要有。
①手紙(フォーマル・インフォーマル)。
②記事、レポート、レビュー、エッセイ、ストーリー、手紙の形式の中から出題。
上記の形式の中から4~5つの課題が出され、1つを選択し適切な形式で書き上げる。

・Use of English(45分)
4つのパートに分かれ、全部で42問。パート1のみ選択問題。
グラマー問題。ボキャブラリー(Phrasal Verbs等)が必要とされる。

・Listening(40分)
4つのパートに分かれ、パート2のみListeningに対する筆記問題。全部で30問。
ニュース、インタービュー、会話、討論etcを聞いて回答。出題内容は2回流されます。

・Speaking(14分)
二人一組で受験。
Speakingに関してはこちらを参照下さい。

テストの評価は「合格」or「不合格」のみ。
A・B・Cは「合格」、D・Eは「不合格」
A 80~100%
B 75~79%
C 60~74%←私の目標ライン(目標低いぞ~。。。。)
(D 55~59% E 0~54%)

5パートの総合評価で決まります。仮に何かでDをとっても、他でAやBがあれば合格の可能性はあるようです。確かではありませんが。。。。
私が今回とれる可能性があるのは、運が良くてもCでしょう。。。。Cとれたら、万々歳です!

中級程度の英語力を証明出来る資格になるので、トータルで英語を理解しているかをチェックされます。
Listeningでさえ、全てが選択問題ではないのはびっくりしました。聞き取った単語を正確なスペルで記入することを要求されます。言ってる事がわかっても、なかなかスペルが合わないんですよぇ。。。。そして、複数形なのに単数形にしたりとか。(泣)
語学学校の生徒の多く(もちろん私も)が苦手としていたのが、「Use of English」
文法を正しく理解していないと、間違っても点数はとれません。勘が鋭く語学センスがある人は知らない単語があっても、Reading、Listeningに関しては、文脈から判断し答えを導き出せる場合もあると思いますが、「Use of English」はボキャブラリーが重要になってくるので、いかに知っているかが重要かと思います。
ということは、裏を返して考えればしばし訓練すれば傾向が見えてくるのかもしれないですけどね。。。。私はまだまだでした。(苦笑)
この中では、実は一番Speakingが楽なパートかもしれないですね。といっても、全然自信ありませんけど。。。。

最後に語学学校含め使っていた参考書達


「First Certificate Organiser 」は午前中に通っている語学学校の先生からのおすすめで購入しました。試験までに全てを終わらせることが出来なかったので、引き続きやっていきます。
「FCE Result」は午後の語学学校「The English Studio」で使っていたもの。先生いわく、この本は他の本と比べると簡単とのことです。
「First Certificate in English 6」は授業で使っていた過去問題だったと思います。バージョンはどれを使っていたか覚えておらずです。。。。

FCEに関しては以上!次回またがんばりまっす。。。。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/87-c473eeda
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。