Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物件探し2 & 地中海料理レストラン Del'Aziz

2009.10.07
本日は「BLAK KATZ」がお勧めする物件を2件見に行きました。

結果は、
どちらもイマイチでございました。。。。

どちらも物件が古いことと、セキュリティ面で不安を感じました。

私たちが今住んでいるフラットがなかなか快適で、値段の割には設備が良かったようです。
これは、旦那がロンドン入りしてから数日で見つけた物件であった為、今回はもっといい物件が見つかると、勝手に思い込んでいたのですが、どうも予算を上げない限りは現在の環境に住むのが難しそうであります。。。。

明日は「Daniel Cobb」が紹介してくれる物件を見に行くことになっていますが、あまり期待を膨らませすぎないようにします。。。。

物件を見た後、ランチの時間でしたので、以前にも行ったことのある地中海料理レストラン「Del'Aziz」へ。


私は朝ごはんを食べ過ぎたので、デザートにしました。(笑)
  
07102009-107102009-2
オレンジケーキ。とにかく大きいです!
コーヒーもケーキに負けない量。(笑)

旦那はMezze(小皿料理)とメインの2コースランチ。
  
07102009-307102009-4
Hummus(フムス)ひよこ豆のディップ。
chicken tagine(タジン)モロッコ風シチュー。

tagineをモロッコに行った時に食べたことがあり、久しぶりに食べたいとのことで、今日はこのレストランに決めました。
鍋の蓋が特徴的。三角形の蓋に取っ手がついております。
サーブされた時に下げられてしまったので写真が撮れませんでした。。。。
この鍋、むやみに欲しくなりました。(笑)

一緒にCouscous(クスクス)がメインについてきました。

旦那 「CouscousとTagineを混ぜて食べても大丈夫かなぁ!?」

 「そうだよ、混ぜて大丈夫だよ!」

もちろん、私だったらカレーのように、Tagineの器の中にクスクスを混ぜて食べる or クスクスの器にTagineを入れて食べるはずなので、即答しましたが。。。。

私の見解を超えていました。(笑)

07102009-5
鍋が空っぽ!?

↓↓↓

07102009-6
洋風になりました。(笑)


Tagine鍋の下の白いプレートに、TagineもCouscousもうつされてしまいました。。。。
鍋から移すときにこぼれて、ナプキンまっ黄色だし。(苦笑)

そして、ナイフとフォークですばやく食べてましたが、西洋人はこういう食べ方をするんだろうか。。。。
私の見解を超えておりましたが、私の考えの方がおかしかったのかも。きっと何でもありですね。(開き直り)

お会計は、私に任せて旦那は仕事に戻りましたが、マンションに戻ってエントランスのキーが、認証されているにも関わらず空かない。。。。
何度試しても空かない。。。。お~い!!

旦那の持っているキーなら空くかもしれないと思い、会社に向かっている旦那に急ぎ電話をし、鍵をもらうために走って旦那を追いかけました。。。。(いい運動です。)

旦那のキーで再挑戦。

空かない。。。。


うぅ、今までトラブルがなかった為、こんな時の為の電話番号も知らない。。。。
再度、旦那へ電話。
旦那もどこへ電話するのが解決策か分からないとのこと。(おぉ~どうにもなりません。)
一応、オーナーと不動産屋の電話番号をメールしてくれましたが、いったん落ち着いてお散歩でもして出直すことに致しました。
ケーキも食べたことですし。

隣駅のデパートに行ってふらふらウィンドウショッピングをし、1時間後位に戻って再度挑戦!

やっぱり駄目でした。。。。


不動産屋に電話しようとしていた所、不幸中の幸い!
外に出る住民が現れ、何とかマンション内へ潜入出来ました♪

原因不明の故障。
明日も悩まされそうな気がします。(泣)

Comment

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.10.08 Thu 17:28 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/50-abf304f4
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。