Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガルSummer2010 7日目 Amaranteへ

2010.09.19
まだまだ終わっておりません、ポルトガル滞在記。(苦笑)

今日はポルトガル滞在7日目について!

この日は、旦那の父方の親戚一同(総勢15名)で、Porto(ポルト)から車で1時間位のAmarante(アマラントゥ)という街にある叔父Fおすすめのレストランへ行きました。
(正確にはAmaranteの近く!?だったと思います。情報があまり分からないので、レストランの名前などが分かったらまた載せたいと思います!)

19092010-219092010-6

階段を上った高台にレストランはあります。気取った感じのレストランではなく、庶民的な気軽に集えるレストランです。

川沿いにあり、レストランから見える景色がきれいです!

19092010-1


この日は牛肉デーと聞いておりました。
どちらかというと魚介類の方がテンションが上がる私ではありますが、この時点で腹ペコ。。。。
なんでも入ります。(笑)

まずは、以前にもご紹介したBacalhau(バカリャウ)料理のPataniscas de Bacalhau(パタニシカシ)

19092010-3

これとワインでメインが来るのを待ちます。あぁ、幸せ♪
この日のメインはこちら。

19092010-4

本当にどんなお料理にもポテトの主張は強い。。。。料理方法を変えて、いつでも登場する脇役、いやタイアップ!?(苦笑)
メインの肉や魚よりもついつい食べ過ぎてしまうのです。炭水化物大好きなので。(笑)
メインの牛肉もとってもジューシーで美味しかったです!

食事の後は、必ずデザート!

19092010-5

「Rabanada(ハヴァナーダ)」というポルトガルの定番デザート。お味はフレンチトーストのような感じです。
旦那の家族もよくこれを作っていて、クリスマスのデザートのバラエティの中には必ず登場します。
パンに浸すものが、紅茶だったりワインにしたりで少し味の変化がありますが、基本的には砂糖たっぷりで食材の風味は消えてしまうかなぁ。。。。
さらに、フライパンで焼くだけでなく油でしっかり揚がっています。カロリーは相当なものかと思われますが、美味しいですよ~!!!

レストランを出た後、車で移動しAmaranteの街へ繰り出しました。
みんなで街をお散歩。

19092010-7

19092010-919092010-8

ポルトガルにいて、さほど暑いと感じなかったのですが、それはただ真昼間に外に出ていなかっただけのこと。
こうして昼間に歩いていると、痛い位の日差しを感じました。。。。

こんな強い日差しの中でも、日焼けを楽しんでいる人達は本当に大丈夫なのだろうか!?と疑問に感じることもしばしばですが、ヨーロッパでは小麦色、日本では白い肌が美とされるのを感じています。

白人の透けるような白い肌を目指して、日本人はがんばって美白しているにも関わらず、こちらではその肌をわざわざ黒くしようとする。。。。人間ってないものねだりですねぇ。(苦笑)
黄色人種からすると「白い肌を黒くするなんてもったいない!」と思ってしまうのですが、太陽の光を惜しげもく浴びているところ見ると、気にせず楽しむこともよく見えてしまう自分でもあります。

日本人ほど、しみ・そばかすを気にしないようなので、楽しんだもの勝ち(笑)という印象を受けます。
ヨーロッパにいる間は、黒くなることを恐れず日焼けも少しは楽しんでみようと思っています。(でも、日本人の心は忘れず日焼け止めだけは塗りま~す!)

とはいうものの、ヨーロッパに来てすっかり忘れておりましたが、日本で全身脱毛に通っているので、むやみに日焼けは出来ない身分でした。
日焼けは脱毛のお姉さんに「絶対にしないで下さい。」と釘を刺されましたし、万が一日焼けとみなされた場合は、照射威力を落とされてしまうので黒くなってはいけないのです。

やっぱり、日焼けは程々にしなければ!
言っていることが定まりませんねぇ。アホ!?(苦笑)

お散歩しても、お腹はまだまだパンパン。。。。
家に帰ってから、夕方にはEsphino(イシピーニョ)の海岸沿いをウォーキング。1時間のウォーキング位では、食べたカロリーを消費出来ないとはいえ一応気休めに。。。。

何でも食べれる胃袋にも困ったものです。(苦笑)

Comment

ボア・ノイトゥ♪ - ピパーナ

アマラントゥ、いいよね~、のんびりしてて♪
食事も美味しいし量もお決まりどおり多いしw

私は東南アジア育ちな上、ビーチ女やったんで地黒プラス年中日焼け肌やったんやけどw実はポルトガルにきて白くなったみたいw
と言うのも、ポルトガルは日差しが痛すぎて、夏の間は外に出られない日も多く、完全なひきこもりになることが多かったからかも・・・w
もともとビーチスポーツやってるとき以外はひきこもりオタクやけどねw

そうか~、確かに全身脱毛の体やとポルの日ざしはやばいかもねェ・・・

わははw ないものねだり、ほんまやねw
欧米人は黒髪に憧れ毛を黒く染め、アジア人は欧米人の栗色・金髪に憧れ、毛を茶髪・金髪にするしねw

ま、何事もほどほどが一番よねw
2010.09.30 Thu 05:54 URL [ Edit ]

Re: ボア・ノイトゥ♪ - じょみー

ピパーナさんへ

アマラントゥの街並み、のんびりしていてすっごく癒されました~!暑かったですけど。(苦笑)
食事は本当に気取らない食堂風の所だったのですが、ポルトガルではこういうところで食べたいなぁと思っていたので、とっても嬉しいランチでした!量が多いのも、大歓迎。(笑)

そうですよね、ピパーナさんは海女ですものね!!
ピパーナさんのカッチョ良い黒い肌、海女っぷり想像出来ますよ~!
意外なのは、東南アジアの日差しの方がポルトガルより弱いことです。確かにヨーロッパの日差しは、焦げる~!っていう位の強さを感じますけども。
あの日差しを白人の方達はこぞって浴びているのだから、体にも毒でしょうね。。。。
日差しが強いと感じて、黒さにこだわらなければ自分を守って引きこもる方が妥当な選択だと思います。
引きこもり、大賛成ですよ♪オタク大好き。(笑)

ポルトガルの日差しをがっつり浴びてしまったら、絶対脱毛のお姉さんに怒られます。
でも、ヨーロッパのの女性はフサフサな人が多いので、初めは軽いカルチャーショックでした。(苦笑)

ないものに憧れる気持ちは分からなくもないですが、今はお金をかからない方法をとって髪もアジア人らしく黒(染めないですむように)、肌も焼きすぎず気にしすぎす(美白はお金がかかる)と何とも中途半端になっています。。。。
ほどほどに行きましょう♪
2010.09.30 Thu 08:19 URL [ Edit ]

- モモグラモ

家族と一緒に、普通に過ごすことが、何よりも贅沢だよね。それが、彼らの地であったら、余計に感慨深いよね。日本は飛行機で12時間離れているんだものね。

ご飯美味しそう、ワインを放せないところがじょみーちゃんぽいわ。笑

あー思い切り、ポテト食べたい。
2010.10.04 Mon 17:36 URL [ Edit ]

モモグラモさんへ - じょみー

家族と一緒に過ごすって当たり前のことが、海外生活だと出来ないですし、旦那の両親・親戚にしてもこうしてみんなで過ごせることが何よりも嬉しいのでしょうね!
私達が、日本でこんな風に時間を過ごすってことを考えると、とても貴重なことですものね。
そう考えると、ポルトガルはやっぱり近いですね。

ポルトガルでワインは食事に欠かせません。(笑)モモグラモさんもですよね!?(爆)
メインの肉よりもおつまみとポテトで満足してしまう私です!
2010.10.04 Mon 20:39 URL [ Edit ]

そうそう♪ - ピパーナ

ほどほど、自然に、が一番♪

私、さすがに歳が歳やし、「焼こう!」と思って日焼けに出ることはさすがになくなりましたが、昔はポル人と一緒で、日焼けのために海に出てましたね~。

あ、こちら皆基本自然のままの体毛ですよねw
私も脱毛派なんですが、こっち来てビックリですw

電車の中で綺麗なおねーちゃんがいて、ふと腕見た瞬間、「はっ!あんなにきれーやのに腕、旦那ピパーノの腕みたい 汗(←相当失礼w)」・・・

あ、これじゃ自然すぎても駄目ってことやんねw
2010.10.05 Tue 09:48 URL [ Edit ]

Re: そうそう♪ - じょみー

ピパーナさんへ

自分が高校生の頃は、「顔黒(ガングロ)」という言葉が流行って、高校生は1年中黒いというのが当たり前で、日焼けサロンが流行っていました。私も少し足を踏み入れたりしました。(笑)
黒くなりたいという欲求は誰もが一度は持つものなのかもしれませんね!

そうですねぇ、こちら人はナチュラル過ぎますね~。(苦笑)
私も絶対的に脱毛派です!

> 電車の中で綺麗なおねーちゃんがいて、ふと腕見た瞬間、「はっ!あんなにきれーやのに腕、旦那ピパーノの腕みたい 汗(←相当失礼w)」・・・

これ、まさに同じ気持ちです。(爆)
「えっ、猿!?(←私も相当失礼)」ってこともしばしばですよね!?

そういえば、理解不能の面白いことを旦那が言っていました。
私はスカートをはかないのと、脱毛に通い始めたので、足の毛はパンツで隠されて見えないから脱毛前しか処理していなかったのですが、旦那的には足の毛を処理しないのが気になると。。。。
「でも、外国人の手の毛は猿みたいじゃない。(怒)」と主張すると、「手の毛は構わないけど、足の毛は処理するのが普通だ!(断言)」

いまだ納得出来ないポルトガル人発言です。(困惑)


2010.10.05 Tue 22:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/205-a0fa39d8
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。