Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚約&ロンドン行決定

2009.08.08
結婚を決めたのは、去年の初旬だったと思います。たしか。。。あまり覚えていません(笑)

そして 「日本で今暮らすのは1~2年にして、その後は英語が使える国に行ってみよう!」

という話を結婚を決める前からしていました。何より私が英語が話せないということ。少しでも話せるようになるためには、英語圏に身をおくしかない。。。。(正解です!)それから、旦那の仕事がアメリカかロンドンで出来そうだったので、どうせならアメリカよりロンドンに行ってみたい(私希望)&旦那の実家もポルトガルなので、ロンドンからなら近いということで、当初は学生ビザでロンドンへ入り込もうと決めていました。(旦那はEU国籍者なので、ビザなしでイギリスへ入国可能です。)
しかし、結婚を決めたのでロンドンへは、EU国籍者の家族としてビザを申請して入り込むことに変更。学生ビザより、柔軟性がありそうだなぁなんて軽く考えており、とりあえずロンドン行きは2008年末~2009年初旬からを予定し、準備を進めようと決めました。

結婚を決めたのは早かったのですが、準備を本格的に始めたのは、去年の今頃から。それまでは、日々仕事&残業&仕事。。。。ってな感じで身を削っていました(泣)
まずは、「入籍日を決めよう」となったのですが、お互い適当なので付き合い始めた日さえも覚えておらず、思い出すまでに数時間。。。。そんなところが、細かくなくて自分としては楽なのかもしれません(笑)
しかし、付き合い始めた日は、年末だったので時期的に遅い。というのは、イギリス行きを2008年末~2009年初旬に考えていたので、結婚後、イギリス滞在のビザの手続きをする必要がありました。
調べていくと、EU国籍者の家族は「EEA Family Permit」という無料の許可で、イギリスへ滞在出来るということがわかりましたが、その手続きも3ヶ月近くかかる場合もあるとのこと。。。。
しかし、旦那もさすが外国人 「どこでもそうだよ。」
私的には、普通は手続きなんて週単位で出来るものだろうと思ってました。なぜそんな月単位で手続きに時間がかかるのか!?と疑問でしたが、今ロンドンに来てみてこの手続きがどれほど厄介なものか、ひしひしと痛感させられております(泣)

ということで、出会った日を入籍日に採用。その日に婚姻届を提出出来るように、ようやく重い腰をあげました(笑)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/2-733163db
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。