Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイスバディ発見 in ダブルデッカーバス

2010.03.02
今日、久しぶりにナイスバディなお姉さんを見た。(おやじ発言。。。。)

学校帰りにいつものようにバスで帰宅。
バスや公共機関では、本を読むかぼっーとしているかどちらかですが、このお姉さん達が入ってきた瞬間目が釘付けになりました。

私、身長が165cm、中肉中背で日本では大き目の部類に入ると思いますが、ロンドンでは平均または平均以下の身長・体重です。
ロンドンっ子の女性平均身長は165~170cm、男性にいたっては180cm以上と聞いたことがあります。
でかいのは縦だけでなく、横幅も相当なものです。。。。びっくりするほど。(苦笑)
これに見慣れると、私ってぽっちゃりかも。。。。と体重を気にするのが馬鹿馬鹿しくなり、異国の地で太ってしまうというのも納得のいく理由です。

それは、あまりにも大きい人が多いから。。。。。

公共機関の座席は、日本と比べれば一席あたりの面積が広めに作られていますが、それでも収まらない人がたくさんいます。そして、堂々と大またを広げて座る始末。。。。
時折、あまりの体の大きさに苛立ちさえ覚えてくる位です。「なぜ、ここまで太れるのか!?」と。(怒)

と、怒りが込み上げ話がそれましたが、そんな人達ばかりではありません。

さすが、ロンドン!きれいな人は、太刀打ち出来ないほどきれい!
今日の黒人さん二人は、モデル!?もしかしたら一般人かもしれませんが、身長は175cm位。
自分との身長差10cmほどなのですが、足の長さの差は25cmはあると思われるほどの、腰の位置の高さ!

日本人が、外国製のジーンズを買う時に必ず裾上げを余技なくされますが、その理由が分かったような気がしました。
あのジーンスはこの人達の為にあるのだと。。。。

いや~、写真におさめて毎日拝みたい位のナイスバディでした。(うっとり。)
こういう人をみて、毎日自分の身を引き締めなければならないと感じた瞬間でございました。

最後に、おでぶを表す英単語達。(笑)

・Saddle back, Big rear → おしりが極端に大きい人。
・Muffin top → パンツの上にマフィンのようにお肉がはみ出ている人。


間違っても、ロンドンの大きい人達を見て気を許しダークサイドに飲まれないよう、気をつけます。(苦笑)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/143-46543ad6
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。