Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語生活のお助け品1

2010.03.01
この本を購入したのは4~5年前だと思います。


購入したきっかけは、電車の中で英語で場所を聞かれて、全く答えられずにショックを受けたのがきっかけです。
前職で毎日感じていたことは、英語は話せればもっと仕事の幅が広がっていただろうということです。何よりも自分を除くほぼ全社員が英語を何となく理解でき海外とのやりとりが出来るという環境でした。
話したいと思ってもなかなか英語は話せず、海外からの電話を担当者につなぐのがやっとの状態だったと思います。そんなコンプレックスを抱えていた矢先に、英語の質問→撃沈。。。。

そんな最悪な私、日常英会話位は何とか。。。。と探した本がこれでした。

表現が初心者が見てもすぐに分かる比較的簡単な単語が使われていて、覚えやすいような気がします。
基礎、発展、実践と分かれており、それぞれCDも収録されていて、全ての英文を耳でも聞くことが出来ます。

基礎編を例にあげると①あいさつと簡単なやりとり。②自己紹介をする。③家族について話す。というように状況ごとに区分されていているので、文章も探しやすいです。

例えば、初対面の人と分かれる時に、会えた喜びを伝えたいですよね!

②自己紹介をする。→初対面の人と別れるとき

・It was nice meeting you. 
 お会いできてよかったです。
・It was nice talking to you. 
 お話ができて楽しかったです。
・Let's keep in touch. 
 これからも連絡を取り合いましょう。

こういう言葉が言えなかったらさみしいですが、とっさに出てこなかったりするんですよね。
そして、表現に迷って変なことを言ってしまったり。。。。この本で、確認することで言い回しに自信が持てるような気がします。
また、英語のメールを書く時にも参考にしています。

購入した当初は、少しでもどうにかならないものかと、あがいていたんですねぇ。。。。
とはいえ、読んでみたり、聞いたりはしたのですが、会話をしなければこの本もあまり意味がありませんでした。
英語を話したいと思っても、仕事でも英語を使わない部署となり使う必要がなくなり、そして忙しい。。。。
英語からどんどん、遠ざりしばらくは休眠してしまいました。(ごめんなさい。)

しかし、国際結婚もしてUKにも行くことが決まってきた2008年。
さすがに焦りもあり、CDを聞く努力はしました。
そして、もちろんこちらにもお供させて、来たばかりの頃は移動中はひたすら聞いていました。
今でも聞きます。簡単なフレーズでも、意外とすらっとは出てこないもので、確認の意味でも聞くようにしています。

本を読むよりは、とりあえず耳で聞いています。この本の活用は、CDをひたすら聞くのがいいのかなぁと思ってます。

話す機会がなかった時は、お蔵入りさせてしまった逸品。。。。
ですが、もし「英語を話す機会があるけれども日常会話に自信がない。(泣 )」という人にはおすすめです!

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/139-399d36e0
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。