Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の本を読む! The Beach

2010.02.27
始めに映画を見ていました。良くも悪くも頭から消えない映画です。。。。
気持ち悪くなりそうだったので、本はどうしようか迷ったのですが、結局借りてみました。

The Beach
「PENGUIN READERS」のレベル6(Advanced、語彙3000語程度)


本の説明文から引用します。

'Close your eyes and think about a lagoon hidden from the sea and passing boats by a high, curving wall of rock.Then imagine idyllic white sands and coral gardens... On the white sands, fishing in the coral gardens, is a select group of travellers...'
Richard arrives in Thailand. He hears about 'the beach', a secret island. it is paradise on earth. He goes there, but paradise soon turns into hell...


Bangkokの安宿で隣の部屋の不思議な変人Daffyから楽園の話を聞いた翌日、Richardは部屋のドアに残された楽園への地図を発見します。そんな地図の持ち主、Daffyは自殺。
半信半疑でありながらも、変わらない普通の旅行に飽き飽きしていたRichardと、一緒の宿に泊っていたフランス人カップルと共に立ち入り禁止である地図の場所へ行くことになり、最終的に彼らは素晴らしい島、大麻の楽園を発見します。
そこには、厳重に秘密を守って生活する多国籍の小さなコミュニティがあり、Daffyは楽園創始者の1人。Daffyからの地図で楽園を探し出したRichard達は彼らと共に生活をすることになります。
素晴らしい楽園と思われた生活も、メンバーがサメに襲われ死亡、重症になったことから閉ざされた集団生活の歯車が狂い始めます。
そして、Richard自身はBangkokで楽園の存在を信じるアメリカ人達と意気投合し、楽園の地図を書き残してきていました。秘密を守ることが重要なこのコミュニティでは、受け入れられない行動をしてしまったことから、アメリカ人達が楽園を発見しないよう毎日監視するという羽目になります。無実なアメリカ人達の行く末も悲惨です。。。。

映画を見ている時は、楽園を発見し毎日大麻を吸ってジャンキーとして暮らすあたりまでは、撮影地のピピ島!?の景色のきれいさも手伝い、リゾート地行きたいなぁなんてウハウハしてましたが、中盤からは悲惨で見てられませんでした。
江戸時代の村八分を思い出させるような、何とも厳しい狂ったコミュニティ。その辺の描かれ方が、本と映画ではちょっと違ったかなぁと思います。映画の方が、閉鎖的なコミュニティで人間がどんどんおかしくなっていく様子がカルト的に気持ち悪く描かれていたように思います。レオ様演じるRichardの狂った様子が思い出すと怖いです。。。。。

この本、映画で分かったことは「楽園は存在しない。」 
人間が集まれば、どんなに素晴らしいところでも楽園にはならないのではと思います。パラダイスはすぐに地獄へ。。。。納得です。
現実世界のモラルのルールある中で、生きる方が幸せだと感じる作品でございました。(苦笑)

私は映画が先かと思っていたのですが、Alex Garlandの始めての本だそうです。
でも、原作はパスしたいと思います。。。。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/138-f05f1a62
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。