Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の本を読む! David Copperfield

2010.02.25
今日の本もイギリスを代表するCharles Dickensの本です。

David Copperfield
「OXFORD BOOKWORMS LIBRARY」
のレベル5(語彙1800語程度)


本の説明文を引用します。

'Please, Mr Murdstone! Don't beat me! I've tried to learn my lessons, really I have, sir!' sobs David. Although he is only eight years old, Mr Murdstone does beat him, and David is so frightened that he bites his cruel stepfather's hand. For that, he is kept locked in his room for five days and nights, and nobody is allowed to speak to him. As David grows up, he learns that life is full of trouble and misery and cruelty. But he also finds laughter and kindness, trust and friendship . . . and love.

この作品も「Oliver」と同様、叩かれたり虐げられたりとひどい少年時代です。。。。
それでも主人公のDavidは、Oliverよりも力強さを感じました。「David Copperfield」は作者のCharles Dickensがもっとも好きな作品のようです。
Charles Dickensの子供時代も、David同様に厳しく不幸せなものであったようで、それがこの作品にも描かれているようです。
厳しい状況でも、優しい人達に助けられながらたくましく生き抜くDavidですけれど、本を読んでいる間、女性に関しては「本当にこの子でいいの???」と横槍を入れたくなる感じでした。

Davidの周りの女性について本文から引用しますと、

There is quiet gentle Agnes, always a true and wise friend. And then there is Dora, the loveliest girl you ever saw, with her golden blue eyes - sweet, pretty, silly Dora...

Agnesは長い付き合いでDavidの良き友人。Doraが登場するまでは、Agnesの良さに気付いて結婚か!?と思っていたのですが、物語の中盤でDavidがDoraに一目ぼれしてしまうんですねぇ。。。。

このDoraは可愛く素直ですが、筋金入りの箱入り娘。
恋は盲目といいますが、Doraの何も出来ないおバカな部分には付き合いの途中でも一応気付くのですが、可愛さには勝てず最終的には結婚。
DavidはDoraに不自由な生活をさせないために、一生懸命働きますが、Doraは家庭のことは本当に何も出来ません。そして出来ないことを開き直るんですねぇ、それも嫌味なく。(苦笑)お金持ちの令嬢のなせる業ですね、きっと。
そんなDoraはビッチなわけではなく、何も出来ない自分よりもDavidにはAgnesのような女性が合うことを気付いており、どちらかというとDavidの方がAgnesの女性としての良さに気付けなかったということになります。
この辺の女性の譲り合いが、もどかしいけれども良い部分だなぁと思います。

そして、「若い頃の恋愛は上手く行かない!?」ことを考えさせられる内容です。(苦笑)

この本を読んでいて気になったフレーズ。

I could not take my eyes off it. → 目が離せなかった。

何となく使えそうなフレーズだなぁと思い覚えていました。なかなかスラっと言えないんですけどね。(泣)
そして、今日気付きましたが、めちゃくちゃ有名な曲の題名・歌詞だったんですねぇ。
今まで気付かなかった&英語が聞き取れなかった自分に愕然とします。。。。

「Can't Take My Eyes Off You」 
ちょっと古いですが、オリジナル曲にしてみました。


よくよく聞いてみると、確かに「Can't Take My Eyes Off You.(あなたから目が離せない。)」って言ってますね。
無知って恐ろしい。。。。まっ、ようやく英語が聞き取れたということでよしとします。(苦笑)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/136-546a1e20
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。