Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の本を読む! Pride and Prejudice

2010.02.16
映画もドラマも見ました。それでも、英語が難しくて内容把握は100%でないという一品でした。。。。
今回の読書でようやく80%超えを果たした感じです。(苦笑)

「Pride and Prejudice」
「OXFORD BOOKWORMS LIBRARY」のレベル5(語彙1800語程度)


左から Simplefied version → Movie → BBC放映のTVドラマ → 原書

イギリスを代表する Jane Austenの作品です。「プライドと偏見」の映画が有名ですよね。
個人的に、プライドと偏見という感情によって生きていく上で支障が生じることは多々あるように思うので、このタイトルは惹きつけられました。
偏見を持ってはいけないとはいえ、何事にも偏見がないといえばうそになりますし、ある程度のプライドは持つべきとはいえ、プライドが高すぎればちょっとあの人。。。。ってなりますしね。

本の説明文を引用します。

'The moment I first met you, I noticed your pride, your sense of superiority, and your selfish disdain for the feelings of others. You are the last man in the world whom I could ever be persuaded to marry,' said Elizabeth Bennet. And so Elizabeth rejects the proud Mr Darcy. Can nothing overcome her prejudice against him? And what of the other Bennet girls - their fortunes, and misfortunes, in the business of getting husbands? This famous novel by Jane Austen is full of wise and humorous observation of the people and manners of her times.

この説明文はプライドの高いMr.Darcyが、Mr.Darcyに対しての悪名を聞き彼に対して強い偏見を持つElizabethに対してプロポーズをした際の発言です。偏見が交差すると、こうもひどいことが言えるのかとびっくりしますね。
そして、この後プライドの高いMr.Darcyからもらう手紙で、Elizabethの彼に対する偏見は、全くの勘違いだということが発覚してしまいます。。。。
それにショックを受ける彼女の発言がぐっときます。

'How prejudiced I have been, I who have always been so proud of my ability to judge people! That pride has led me blindly into making a stupid mistake. Flattered by Wickham's interest, and offended by Darcy's coolness, I have misjudged both of them. Till this moment, I never knew myself.'

この中のMr. Wickhamの言葉を信じたことで、ElizabethはMr.Darcyに強い偏見を持つのですが、彼女が自分で信じて疑わなかった人を見抜く才能が、なかった事に気付く瞬間です。なぜなら、彼女が信じたMr. Wickhamは最悪な男だったのです。。。。
Elizabethが自分の才能に強いプライド持ちすぎたことで、実際の事実が見えず、善人のMr.Darcyの思いを失うという結果になります。
ここまで極論でなくても、これに似た経験は誰もがしているのではないでしょうか!?強すぎるプライドと偏見は、失うものが大きいんでしょうねぇ。。。。良い教訓です。(苦笑)
この小説は強いプライドと偏見を持った主人公達の遠回りの恋愛が描かれているように思います。

今回読んだSimplefied versionの表紙の写真は、BBC放映の「Pride and Prejudice」のものです。
Keira Knightley主演の映画もいいのですが、TV版はMr.DarcyがColin Firthなのと、主演の女性がKeira Knightley程美しすぎないのが、現実感があって良いです。そして、個人的にColin Firthファンなので、TV版が好きと言う単純理由でもありますが。(笑)

Mr.Darcyの世界にどっぷり浸った私でした。
ちなみに旦那はSimplefied versionではなく、原書の方を最近読み終えてまして、Elizabethの世界にどっぷりでした。(笑)

内容も把握出来てるし、近いうちに原書も挑戦したい!ですけれど、ちょっと先になるだろうなぁと弱腰です。(苦笑)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/129-8f6fa86c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。