Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33QさんとLondon観光 2日目

2010.02.10
33QさんとのLondon観光2日目は、「THE BRITISH LIBRARY」「THE BRITISH MUSEUM」に行きました。

まずは、「THE BRITISH LIBRARY」へ。

10022010-210022010-1
10022010-410022010-3

前日も入りこめなかったながら(苦笑)、訪れていたので場所やルートはばっちりで、スムーズに入り込めました。

物価の高いLondonではありますが、こういう美術館は無料です。その上、どの美術館を見ても感じるのは世界中から集められた略奪品がゴロゴロと展示されているということです。(笑)
見たい人にとっては、素晴らしい展示物が無料で見れるというこの太っ腹ぶりには、いつ行ってもびっくりさせられます。他の国だったら、最低でも£10位とってもおかしくないような美術館がたくさんありますので、好きな人にとっては何日いても飽きない所だと思います。

33Qさんの「THE BRITISH LIBRARY」での目的は、「Magna Carta(マグナカルタ)」を見ること。
私は、この時始めて「Magna Carta」という言葉を聞きましたが、「王様に対する憲法」ということです。(ちょっと大まか過ぎますね。。。。)
王様に対して憲法があるだなんて考えもしませんでした。自分勝手に好き放題統治してるもんだとばっかり。(苦笑)

このパートではかなり長いこと居座りました。最終的に憲法と法律とは何か?とかそんな話になり、33Qさんと旦那からかなり説明してもらったのですが、すでに忘れ気味。。。。ごめんなさい、教え甲斐がなくて。(泣)

英語でこんな話題になったら、太刀打ち出来ないこと間違いなしです。
そもそも、違う言語で何かを説明を迫られた時に、説明が出来ないことって語学力のなさもありますが、自分の言語でも説明が出来ない場合もありますね。日本語での知識も足りなければ、どう間違っても他の言語での説明は不可能です。(苦笑)
たまにそれを忘れることがありますが、覚えておくべき重要なことですね。知識は必要!(笑)

次に「THE BRITISH MUSEUM」へ行きました。

10022010-8

こちらも何度も来ていますが、まだ全ては見れておりません。。。。UKが誇る数ある略奪博物館の中でもトップの品揃えではないでしょうか。(笑)

今回気になったものは、エジプトゾーン、まずはこちら。

10022010-5

確か、「Rosetta Stone(ロゼッタストーン)」の文字の読み方の説明です。
古代エジプトの時代に猫は上記のように書くそうです。始めの三文字は猫の鳴き声「miaow(ミヤァオ~)」、最後は動物の形。
ミヤァオ~ + 猫の絵 = 猫 とは何とも分かりやすいですな。いや、良く考えると猫を表すだけなのに、これだけの文字が必要なのも厄介ですね。。。。

次にたくさんの人がこの像の周辺に群がっていたので、私も紛れ込んで見ました。
最近発見された猫!

10022010-610022010-7

とりあえず、エジプトゾーンにあります。可愛いです♪ピアスつけてるし。(笑)
詳しい経緯は特に見ませんでした。以上!

「THE BRITISH MUSEUM」には長いこと滞在しましたが、途中でランチは大好きな「BELGO」へ行きました。
「THE BRITISH MUSEUM」に来ると、結局いつも「BELGO」に行っているような気がします。

10022010-910022010-11

いつも大体セットメニューのムール貝を頼んでしまうので、写真が一緒。(笑)
旦那が唯一、セットの中のサラダを頼んでおり、こちらが始めて頼んだ料理。

10022010-10
Glilled goats cheese salada with wainut dressing

この日はインド料理も食べに行く計画を立てていたので、泣く泣くビールは2杯までにしておきました。
そして、食べ終わった後はまた「THE BRITISH MUSEUM」に戻り、見物。

そして、ディナーはインド料理レストラン「RASA Restaurant」へ行きました。

「Rasa Samudra」
5 Charlotte Street London W1T 1RE
TEL 020 7637 0222

基本的にはベジタリアン向けのレストランのようですが、この支店は魚介類を使った料理もあるようでした。
肉好きな旦那にとっては、ちょっとかわいそうな選択だったかもしれませんが、ずっと食べてみたかったDosasがメニューにあったので我慢してもらいました。
ちなみにメニューはこちら

まずは、おつまみ。


5種類のスナックの盛り合わせと7種類のピクルスとソース。スナックとつけて頂きました。

この中にも混ざってはいたのですが、Pappadomsが好きでカレーレストランに行くと必ず食事が出てくるまでバリバリ食べてます。今回の盛り合わせは、日本のおせんべいのような味のものも混じっていたりで興味深いものではありましたが、Pappadomsだけの方が個人的には好きかもしれません。

メインはこちら。みんなでシェアしました。食べてみたかったDosasを2つオーダーしました。

10022010-1410022010-13
10022010-1510022010-19
10022010-1610022010-18

上記がDosasで、インド風クレープみたいな感じです。一緒についているソースと頂きます。
デザートのクレープは好きですが、食事としてのクレープはそこまで好きじゃないのですが、それと比べるとこちらの方が食事をしている気分になります。これからもちょこちょこ試してみたいと思います。
下記はカレーとココナッツライスで、何をオーダーしたかは忘れましたが、これもトマトの酸味が利いていてとても美味しかったです!

10022010-20

Londonはたくさんのインド料理レストランがあり、おいしいところがたくさんあると聞きます。
ポルトガルでは中々食べれないインド料理に33Qさんにも満足してもらえたので、良かったです♪

デザートはこちら。

10022010-2210022010-23

ちょっと、何を頼んだのか忘れてしまいました。左のアイスクリームの周りのものは、しっとりとした触感だったような。。。。
インド料理は大好きなのですが、デザートはそこまで感動したものはないような気がします。今まで食べた中では、左のデザートが一番美味しかったかな。。。。(あまり覚えていないのですが。)

この後、家に帰ってからはみんなで「ドラゴンボール改」を見ました!近頃の毎週の楽しみでして、33Qさんにも見ることを強要してしまいました。(笑)
そして、33Qさんと旦那はアニメ&漫画トークに火がつき、共通のお気に入りのアニメがあることを発見したりで楽しそうにしておりました。二人の話している内容は、「ドラゴンボール」でストップしている私からは、かけ離れておりまして、最近の日本のアニメ&漫画の影響力ってそんなにすごいのか!?とびっくりしてました。(笑)

観光ももちろんしましたが、それにしても私達にとって、33Qさんとたくさんお話が出来たことが、今回の滞在で一番良かったことです。
英語圏以外のポルトガルで仕事をするという厳しい境遇、そして意識をもって将来の計画を立てているところなど、見習いたいところがたくさんで、こういう若い人と出会えたことは本当に嬉しいことです。

これからもどうぞよろしくお願いします♪


そして、その翌日私達はばっちり寝坊しまして(苦笑)、私は学校を休み家に居座りました。。。。
33Qさんを足止めし、ここでもかなり話し込んでしまいました。私の話に付き合ってもらった感が強いかな、ごめんねぇ。。。

33Qさんの滞在後、普段でさえ日本語脳であるのにさらに日本語脳に磨きがかかり、英語を話すのが億劫になったのは否めませんでした。
その反対で、日本語に火がついた旦那は、会社から帰ってきてからも日本語がぽろっと出てきたりで、日本語生活が始まるところでした。(苦笑)
意識しないとダークサイドに飲まれますな。。。。気をつけます。(泣)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/124-e81f7954
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。