Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Library生活

2010.02.03
今年の目標の1つは「本を読む!」

それを実現する為にも、昨日、Libraryへの登録を致しました。

住所を証明出来る書類(公共料金の明細等)を登録時に見せる必要があり、たまたま銀行から届いた資産運用提案の手紙があったので、それを何食わぬ顔して提出してみましたら、登録出来ました!
住所証明の書類として、ダイレクトメールのようなものは多分認められないと思うのですが、多分運よく受付のお兄ちゃんがきちんと確認しなかったのでしょう。(ラッキー!)
「これで大丈夫!?」とあえて聞かなくて良かったです。

登録したのは、住んでいるSouthwarkLibrary
Southwarkに住んでいなくても、身分証明が出来れば10以上のLibraryを利用することが出来るようです。

本日は、登録した所とは別のLibraryへ行ってみました。

03022010-1

FCEのWriting対策の為に、Simplified version(内容が簡単に書かれている本)を探していました。
昨日、ネットでSimplified versionがLibraryにあるかどうか調べたところ、こちらの方が多く取り扱っていた為、足を運んでみました。
便利なのは、昨日と本日行ったどちらのLibraryも家から徒歩15分位の所にあることです。

本日は、4冊借りました。

03022010-2

「PENGUIN READERS」「OXFORD BOOKWORMS LIBRARY」
どちらもレベルが1~6に分かれています。どちらも大体区分は同じようです。
レベル4~6を借りてみました。

「Love acutually」 レベル4(Intermidiate、語彙1700語程度)
「Great Expectation」 レベル5(語彙1800語程度)
「Pride and Prejudice」 レベル6(語彙2500程度)
「Oliver Twist」 レベル6(語彙2500程度)

ためしにこの4冊を読んで、どのレベルがスラスラとつまずかずに読めるかを試してみたいと思います。
借りた本は、全て映画を見ており大体のあらすじは把握済。
「Love acutually」は特に大好きなので、映画を何度も見てます。本でも読むのかって感じですね。(苦笑)

それから、一応現在読み進めている「The Phantom of the Opera」


こちらも、並行して読み進めていこうと思います。(現在267/360ページ)

いや~、それにしてもオペラ座の怪人怖いっす。。。。
聞いたこともない形容詞のオンパレードなんですけど、大半の意味が怖い、怒り、憎悪に満ちた言葉。。。。
ストーカーと、ストーカーされる方の女性にも問題ありの物語ですな。
映画で見る方が、簡単でいいかもです。(苦笑)ちょっと、生々しくてギブアップしたいところですが、もう少しだけで怪人の世界に居座ってみようと思います。。。。

せっかく税金でまかなわれているLibraryが使えることですし、じゃんじゃん使って行きたいと思います。この国の税金高いですしね。(怒)
Library生活、続くようにがんばりま~す。(続くかな!?)

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://jomihanatoro.blog91.fc2.com/tb.php/120-7dabeef8
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。