Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

2011年02月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Porto名物 Francesinha!

2011.02.23
先週末にポルトガル料理を作りました!

といってもポルトガル全土で食べられている料理ではなく、旦那の実家近くPorto(ポルト)の名物料理のFrancesinha(フランセジーニャ)です。
人生で初めて食べたポルトガル料理(しかも旦那が料理)でもあります。

位置付けとしては、マクドナルドのようなジャンクフード!?です。
ボリュームありますよ~。
ジャンクだからこそ、時折がっつり食べたくなる味。(苦笑)

旦那が友達のお母さんからのレシピをまだ持っていたので、作ってみました♪

簡単&材料も日本で手に入りますので、レシピを書き留めておきます。

Francesinha(フランセジーニャ)ソース


23022011-423022011-2
レストラン
手作り。おやっ、全く別物!?

・たまねぎ 2個(みじん切り)
・にんにく 2かけ(みじん切り)
A
・トマトピューレ 大さじ2~3(トマトの風味を活かしたければもっと多めに)
・コンソメキューブ 1個
・ビール ※1
・ブランデー or ワイン 50cc位
・ローレル 1枚
・チリパウダー お好み
・塩 お好み

・小麦粉 大さじ1(水に溶く)

※レシピによるとビール1となっており、どんな量!?という感じでよね。(笑)
私は300cc位入れました。ビールを沢山入れると、苦味がきつくなるのでそこは調整してみて下さいませ。

1. 鍋にオリーブオイルを適量入れ、みじん切りしたたまねぎ・にんにくを弱火できつね色になるまで炒める。
2. Aを1.に入れて、中火で蓋をして30分位煮る。
3. 少量の水で溶いた小麦粉を加え、さらに3分程クリーミーになるまで煮る。

ステーキ・ハム・ソーセージなどを食パンに挟んだものの上にスライスチーズを載せ、その上から作ったソースをかけたものが、Francesinhaでございます!

写真を比較しても分かるとおり、お店のものはたまねぎの姿は見当たりません。
私が作ったものは、ブレンダー等でソースを滑らかにはしていませんが、2.でAの材料を入れた時点でブレンダーでがっーとやってしまうのも良いかもしれません。(要するに自分の作った物は、Francesinhaもどき!?)
個人的には、たまねぎの触感が残っているもどきも好きであります。(笑)

他にもレシピを検索してみると、牛乳やバターが入っているものもあります。
ビールとチリパウダーがたっぷり入った苦味&スパイスのダブルパンチが好きなのですが、ビール・ワイン・牛乳を同量位で入れるとまろやかな味になるかもしれないですね。

スーパーで買い物する時に、チーズ・中に挟む肉の選択は旦那に任せました。

チーズはスライスチーズを選択し、なぜか2パック購入。
「そんなに必要か!?」と疑問でありましたが、ソースをかける段階で多めに購入していた旦那の意図が解けました。

1セットにこれだけ必要でした。。。。

23022011-3
4枚で被せます。。。。

1枚100Kcal程度が4枚です。こりゃあ、ダブルチーズバーガーもびっくりのチーズのボリューム。(驚)
このように並べた4枚の上に、熱いソースをかけてとろけさせ、チーズの囲いを作るという感じですね。。。。
どうりでレストランでもパンを囲むようにチーズが被さっていたわけです。

旦那はチーズが大好物。
それに反してお母さんは大の乳製品嫌い。

人間って不思議ですねぇ。。。。
まぁ、家庭で食べれなかった反動というのもあるのでしょうね。(苦笑)

今は自由に食べれるからといって、食べすぎには気をつけてもらいたいものです。

私は4枚のチーズは怖気づきましたので、1枚で。
この違いが分かりますでしょうか!?(笑)

23022011-1
我が家は床に座って食べるちゃぶ台スタイル。

テーブルセッティングも何も無しのお粗末なテーブルをお見せしてすみません。。。。
ソファにあわせたローテーブルを、私はちゃぶ台のように使っています。
いつかはきちんとしたちゃぶ台で御飯が食べたいと願っておりますが、旦那にとってはテーブル&椅子の方が楽なので却下されるだろうな。。。。
私の小さな夢として取って置きます!

私はやっぱり日本人なので、この後米が食べたくなり米とソースで一緒に食べました。夫婦でカロリーとりすぎですわ。(苦笑)

Francesinhaはビールを使ったソースなので、分量外の残ったビールを飲みながら料理が出来るのが楽しみでもあります。(ぐふふ)
酔っ払いの料理レポートでした!
スポンサーサイト

母からの春の風

2011.02.22
母が送ってくれた写真で春の訪れを感じています。

22022011-1

白木蓮を、床の間にいけたそうで携帯で写メールを送ってくれました。

自分の中で春だと感じる瞬間が、実家の庭にある白木蓮の木が満開になった時でした。

母は花が好きで、春・夏は実家の庭は沢山の種類の花が咲き乱れそれはきれいです。
といっても実家に住んでいる頃は興味もなく、ふとした時に庭を見ると花や緑に囲まれていたという感じでした。

実家を出て、都会に住んでみると生活自体は便利ではあるのですが、自然に囲まれた暮らしというのも何にも変えられない素晴らしいものだなぁと感じるようになりました。

母の花についての知識・雑学は本当に頭が下がります。

こちらに来て半年ほどの経った時に、母と妹がロンドンに遊びに来てくれました。
時期は6月の中旬。この時期は、イングリッシュガーデンが一番きれいな時!
母にとってはウハウハだったようで、殆んどはイングリッシュガーデン巡りとなりました。

ロンドン以外にも、イギリスの人気スポットCotswolds(コッツウォルズ)にも2泊3日で出かけたりしました。

忘れられないのは、泊まったB&Bのオーナーと母の不思議な意志の疎通。

母は英語は全く話せません!
Cotswoldsで泊まったB&Bはオーナーが牧場・森を管理されていてその敷地を私達にくまなく案内してくれました。

そこでの説明はもちろん英語で、旦那が日本語に訳すという感じでしたが、「なぜ、言葉通じないのに2人仲良さそうなわけ!?(笑)」と感じられる空気がオーナーと母にはありました。
通訳なしでも何となくコミュニケーションが取れてましたし。。。。

好きなものを前にすると国境ってないのかもしれませんね。(笑)

と、話は脱線しましたがこの写真を見て春の芽吹きを感じている私です。

写真は、昨年春に亡くなった祖父の部屋で、この写真の隣には仏壇があります。
ご先祖様達にも明るい春のきざしが届きますように!

それから、ブログを書いている最中に気付きましたが、右下のぼんやりとした物体は実家の猫ちゃん。。。。
ブログを更新した時にはすでに、猫ちゃん達にこの木蓮の花瓶が倒されていないことを祈るばかりです。(苦笑)

春はもうすぐ!楽しみですね♪

今年のSt Valentine's day

2011.02.18
またまたうっかりブログを放置しておりました。
もう、本当に時が経つのは早いです。(焦)

今週はバレンタインがありましたね。
皆さんはどんなバレンタインでしたか!?

こちらでは女性のみがチョコレートをあげるという習慣はなく、お互い何か贈りあうようですね。どちらかというと男性があげる側!?という解釈をしている私です。(笑)

旦那の方には何かプレゼントをという気持ちはあったようですが、欲しいものも見つかりませんでしたし、プレゼントはなしで。

普段帰宅の遅い旦那と一緒に夕食を食べることはないのですが、この日は少し早く帰ってきてもらって夕ご飯を一緒に食べることにしました。

そこで、作った料理はJamieのレシピの中から!

Jamieはイギリスを代表する料理人(!?)です。Jamieの番組はジムでトレーニングしている時に良く見ているのですが、その料理方法が大雑把&適当で笑ってしまうことも多々あります。

この前も、マカロニを茹でて湯切りの際に、鍋底にごっそりマカロニが引っ付いている様子がTVで放映。。。。

「えっーーーー!、ちょっと位かき混ぜようよ。(苦笑)」と突っ込みどころが満載。
引っ付いたマカロニをごっそり取り除いて、マカロニつぶれてますけど。(笑)

ジムで見ていると、おっかしくてマシーンから転げ落ちそうになることもしばしば。(笑)

自分を見ているようである意味嬉しいです。(爆)
私のような怠慢・適当主婦には、「jamie's 30-minute meals」は簡単手抜き料理のアイデアが一杯でありがたい番組のひとつです!

とはいっても、オリーブオイルやクリームなどを惜しげもなくガンガン使うので、毎回参考にしようとは思わないのですが、Jamieの豪快な料理スタイルから勇気をもらっています。(笑)

そんなJamieのレシピの中から、バレンタインの日は豚ショルダーを使ったお料理を作りました。

個人的に豚ショルダーは大好きで、煮豚を作ったり日本風に作っていますが、この日は洋風に「spicy pork and chilli-pepper goulash」を作りました!

18022011-1

写真はお借りしました~!おなか減りすぎて落ち着きがなかったのか、写真がボケまくりだったもので。。。。。

「goulash(グーラッシュ)」は確かポーランド料理のひとつだと思います。
お肉が裂ける位までじっくりと煮込みます。
材料を投入していって、最終的にオーブンにほおりこむだけ。

簡単なのですが、時間だけはかかるので待っている間におなかが減る減る。。。。
出来上がるまでには、がっつり飲んでいました。(笑)

お肉は本当に柔らかくなるし、チリやパプリカがたっぷり入ったこのソースが辛くて最高♪
Jamieのレシピは2㎏とあったのですが、どう考えても多すぎ(焦)と少し怖気づき1.5㎏の豚ショルダーを購入していたのですが、結果的にはこの量を作っておいて正解でした。(ちなみに2人だけです。)

また絶対にリピートするお料理です!その時は、2㎏で作ろうと思います。(笑)

このgoulashを麦と一緒に食べたのですが、これがまた激ウマでした!
麦は煮る時間が長いのが難点ですが、引き続き食べて行きたい食材です♪

あっ、そういえば旦那からチョコレートをもらいました。

チョコレートをもらう側というのは嬉しいものですね☆

このチョコレート、私メインで今週にわたって少しずつ食べていきました。(正確にはかなりのハイペースで。)

私はチョコレートの保存は常温派なんですが、旦那が食べた後は冷蔵庫にしまわれていました。。。。
冷蔵庫からのチョコレートってちょっと硬すぎる感じがしませんか!?

旦那に「チョコレートって冷蔵庫から売られていることってないでしょ!?」と聞いたら、妙に納得していましたが、冷たい方が好きなようです。

皆さんはどちらがお好きですか!?

そういえば、日本には生チョコなるものも売っていましたね。ふと思い出し、食べたくなっている私です。。。。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。