Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

2010年07月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹からのプレゼント to てつおさん

2010.07.31
昨日はモモグラモさん夫婦とモモグラモさん夫婦のお友達のJさんと一緒にメキシカンレストランに行ってきました。

どうしてもモモグラモさん夫婦に会って、お渡ししなければならないものがあり時間を作って頂きました!
時間を作って頂いた上に、Jさんというユニークなお友達も紹介して下さって、それは楽しい時間となりました。

私とモモグラモさんは少し早めに集まってメキシカンレストランの前にパブにビールを引っ掛けに。(笑)
パブを2件はしごして、待ち合わせ時間にメキシカンレストランへ到着!

「Wahaca」
66 Chandos Place,Covent Garden,London
WC2N 4HG
TEL +44(0)2072401883

人気のあるお店のようで、18時過ぎに来店した段階ですでに満員。予約は受付していないようなので、早めの来店の方が良さそうです。
このレストランはモモグラモさんの旦那様てつおさん&Jさんのお勧め。値段も高くないし、何より美味しいとの事!
とりあえず、色々頼んでました。

定番のチップス&ディップ

31072010-131072010-2

このレストランの前にもすでに飲んでいる私達。
でもでも、もちろん止まりません!ここではワインをボトルで頼んで、チップスをつまみにガブガブと。(笑)
このディップがフレッシュでとても美味しい。もっと、濃厚な味を想像したのですが、トマトとアボガドのどちらもさっぱりとしたお味。
写真右は、「pork scratchings」と言いブタの皮をフライしたつまみのようです。
これは初めて食べましたが、パリッとした軽い触感。ブタの皮と聞いて、ちょっと躊躇はするかと思いますが、もし機会があればぜひお試し下さいませ。

次々に運ばれてくるお料理。

31072010-331072010-4

31072010-5
まだまだこの他にも各々頼んでました。大量です。(苦笑)

結局、ワインは2本ボトルを開け(男性陣は殆ど飲まず)女性2人は酔っ払い。(笑)

とまぁ、楽しく美味しいメキシカンレストラン!!ということだけを報告したいのではありません!

妹から送られてきたこちらをモモグラモさんの旦那様、ゴートンさんにお渡しするのがこの日のミッションでした。

31072010-6
ゴートンさんの別名「てつお」シール。(笑)

どうみても外国人の顔ですから、てつおという名前は考えにくいですね。
オランダ系の南アフリカ人のゴートンさん。日本好きがこうじて、自らを「てつお」と名づけたと言うことなのです。(笑)
彼のその精神が好きで、私も「てつおさん」と呼ばせてもらっています!

なぜ妹からのプレゼントなのかと言うと、家族にロンドンで仲良くさせてもらっているモモグラモさん夫婦の話をしたところ、妹の脳に「外国人なのに「てつお」と名乗りたがる話」がインプットされてしまったようなのです。

そして、インプットされた妹がとった行動 →「てつおシール」をプレゼントしたい!

我が妹ながら、何とも考えたものです。

妹バカな発言ですが、私にとってはいつまでも可愛い妹であり、姉の友達にこうしてくだらないお茶目なことをする妹の行動が嬉しくもありました。
そして、何よりくだらない私達姉妹の行動にお付き合い頂いたお二人には感謝しております!

これからも、姉妹共々どうぞよろしくお願いします♪

さて、この日Waterloo駅で別れた後、酔っ払いの私は色々買い食いしたようです。「あれだけテーブルに並んでいたのにか!?」と自分で突っ込みたいところです。(苦笑)
なぜかスーパーの安い寿司を買って食べたようですが・・・・まずかったようなうる覚えの記憶しか残っておりません。
普段好んで寿司を食べないのに、なぜわざわざスーパーの明らかに美味しくなさそうな寿司をあえて選んだのか!?ミステリーです。。。。

妹よ、飲みすぎましたがミッション遂行完了です!
スポンサーサイト

ようやく実現Birthday Party in GAUCHO

2010.07.24
今日は、旦那から「どこかに出かけたい!」という、いつもにないはりきったリクエストがありました。

そして思い出したのが、旦那の誕生日・・・・

今年は、旦那の誕生日である5月に日本に一時帰国していた私。
旦那の誕生日祝いを、まだしておりませんでした。(なんと薄情な妻でしょう。。。。)

そこで繰り出したのは、いつかは行ってみたいと思っていたアルゼンチンステーキのお店。

「GAUCHO」
2 More London Riverside,London
SE1 2AP
TEL 02074075222
24072010-3

こちらのレストランは、お友達のモモグラモさんから肉好きにはもってこいのレストランだと聞いておりました。

モモグラモさんも南アフリカ人の旦那様を持つ国際結婚組。
「外国人=肉食」と勝手に信じている私。肉を好む人種を旦那様として持っている人達の意見に外れはない!!(笑)
いくつか支店がありますが、私達はTower Bridge店へ足を運びました。

この支店はジムから近いので、まずはジムで一泳ぎ。
そして、お肉の前にお決まりの・・・・・

ハブでビールです♪(笑)

24072010-124072010-2

こちらのパブに集まる人達の習性は「なぜか外で飲みたがる!?」です。
このパブの例外ではなく、人々は外に繰り出し数十メートル離れた所からも空いたグラスが発見される始末です。
とはいえ、夏は外で涼しくビールを頂きたくなる気持ちも分かります。
というより私たちも天気が良ければ、外飲みです!グラスは置き去りにしないように、最低限のルールは守ってます。(笑)

本日のレストランはちょっとポッシュな所でしたので、「パブのビールでおなかを膨らませて、レストランではお水ですまそうかなぁ!?」なんて思いましたけれども、結局無理。。。。
メニューを前にすると、お酒も頼みたくなる不思議な胃袋。(苦笑)

まずはこちらで乾杯!!

24072010-5

お水と考えた脳はどこへ!?このワイン、とってもフルーティーで飲みやすかったです♪
頼んでよかったぁ!(ある意味ポジティブです。)

もちろんメインは二人ともお肉を頼もうと決めていたのですが、オーダーの前に店員さんによるお肉の説明。
こちらを見せてくれました!

24072010-4
ど~ん!とお肉サンプルです。

そんなに肉好きというわけではないのですが、こういうパフォーマンスはテンションが上がりますね!
それぞれ、225g、300g、400gと選ぶことが出来ます。

旦那は迷わず400g。(笑)私は400gと聞いて怖気づき、控えめに300g。

お肉を待つ間に前菜を1品シェア。

24072010-6

イカ・タコの類はロンドンであまり食べれないので、発見すると嬉しくて頼む傾向があります。
ハーブ、オニオン、ライムが効いてさっぱりして美味しかったです!

それでは、本日のメイン!!

Dancing白24072010-8Dancing白
旦那オーダー、サーロイン400g

Clapping白24072010-9Hide白
私オーダー、フィレ300g

付け合せ。

24072010-724072010-10

いや~、大きい塊ですね~!
しかし、フィレ300gは軽く平らげてしまうほど、お肉は柔らか&美味しい♪なぜ400gを選ばなかったのかと後悔する自分。。。。
そして、サーロイン400gを頼んだ旦那もお肉のジューシーさにご満悦。こちらも難なく400g完食。(笑)

さらにサービスのパンが美味しかった!!特に丸いチーズパンは、「おかわり下さい!」と言いたかった。(笑)
サイドオーダーで、ポテトとマッシュルーム、ペッパー&マスタードソースをオーダー。
お肉をたっぷり味わうには、サイドはこの位にしておいて良かったです。

まだまだお腹には余裕が。(笑)
デザートもしっかり頂きました!

24072010-1124072010-12

美味しいお肉を食べた時に、我が家のポルトガル人は必ずお肉を思い出して回想に浸ります。
このレストランに行った後にも、「お肉美味しかったなぁ、また行きたいなぁ。」と何度もつぶやいておりました。

しばらくはお肉を思い出して、回想する日々が続くことでしょう。(笑)
これって、日々の食事で肉を旦那に与えていないということも考えられます。はっ、私の不手際ね。(苦笑)

お値段は確かに安くはないのですが、お店の雰囲気もスタッフの行き届いたサービスにも満足でした。
そんなに頻繁には行けませんが、何かの記念日にはまた絶対に行きたいなと思います!

次回の来店時の課題 → お肉は私もポルトガル人に負けずに400gに挑戦&チーズパンのおかわり!(笑)

本日のデザート

2010.07.23
旦那が夕食後、こそっとキッチンでこんなものを作っておりました。

23072010-1
メロン&Portoワインのデザートです♪

旦那はフルーツを食べるのが好きです。
ポルトガルの家でもフルーツが常備されていて、習慣なのでしょう。

私はその反面、あまりフルーツを食べる習慣がないので、フルーツを食べたい時は旦那が会社帰りに自分で食べたいものを買ってくるという感じです。

そういえばメロンを買ってきていたなぁと思ってはいたのですが、忘れていました、この食べ方!!

真ん中のPortoワインも一緒にスプーンですくいながら、食べていきます。
シンプルですが、美味しいんですよ~♪

もともと、Portoワインは甘くてデザートワインとして飲まれているので、デザート向き。
メロンの甘い果汁とPortoワインのミックスは絶妙です!Portoワインも飲みやすくなるのではと思います。

日本にいた頃、結婚手続きでポルトガル大使館に行った際に、何かのパンフレットにこの食べ方の写真が載っていて、思わず二人でにんまり
日本でも、Portoワインは常備していたので早速メロンを購入して試したのを覚えています。

Portoワインを手に入れることがありましたら、ぜひお試し下さいませ♪♪♪
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。