Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

2010年06月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のワールドカップ終了。(泣)

2010.06.30
昨日、日本もポルトガルも負けてしまいましたね。。。。

一足早く、住まわせてもらっているイングランドも負けておりますし。

日本人ながら、日本の試合を見ておらず、ポルトガルの方に集中してしまったものの(ごめんなさい、非国民です。)、日本もポルトガルも残念です。

ポルトガルの試合は、前半中盤あたりから、ジムで観戦。
ポルトガルが2点位ポポ~ンとゴールを決めたら、家に帰ってしまおうと思っていたものの、0-0のまま前半終了。

後半にスペインにまず点を決められ(泣)、自転車をこいでいる自分は試合の行く末から目が離せなくなってしまいました。。。。
ここで、自分ががんばって自転車こいだら、ポルトガル勝てるか!?なんて勝手に思ってみたりして、いい具合にカロリー使ってました。(笑)

とはいえ、そんな努力もむなしく・・・・


では、うちのポルトガル人はというと。
ポルトガルの敗退後、何食わぬ顔で帰宅。

もちろん、結果を知らない。というか、あんまり興味なし。

非国民発見・・・

でも、私も日本戦見てないぞ。。。。
はっ、似たもの夫婦か!?(苦笑)


そんなに一生懸命応援していたわけではないけれど、応援国が3つになった今回。
これまでのワールドカップと違う雰囲気を味わえた、思い出深いものとなった気がします。感動をありがとう♪
スポンサーサイト

近代的なレストラン!? inamo

2010.06.29
そういえば、先日ちょっと変わったレストランに行ってきました。

発見したのは、旦那の同僚Z。

Z 「おたくなレストランがあるから、みんなで行ってみよう!」

えぇ~。。。。どんなレストランだよ。(笑)

聞いてみると、お客1人ずつにスクリーンが与えられていて遊べるようなのです。

そうです、旦那の仕事はPCエンジニアで、その道に関してはかなりのおたくです。
そんな旦那の同僚達は、全員が似たもの同士です。

スクリーンと遊べるって、そこで万が一プログラミングなんて出来ちゃったら、皆さんお食事どころじゃなくそちらをエンジョイされるのでは!?

不安もありながらも、おもしろそうだったのでご一緒させてもらいました!

「inamo」
134-136 Wardour Street, Soho, London
W1F 8ZP
TEL 020 7851 7051

こんなレストランでした。

29062010-2
みんな夢中でいじってます。(笑)

各々のテーブルがスクリーンで、画像は頭上からの映写機!?を通して送られるシステムになっているようです。
マウスを動かしメニューを検索したり、オーダーしたりするシステムです。

オーダーはもちろんのこと、ちょっとしたゲーム・館内案内・調理場の風景まで覗くことが出来ます。
調理場の風景は、カメラの位置が微妙なところにあり、キッチンの一番汚いところを映し出していたような。。。。
見せない方が良いのでは!?という感じでしたが、そこは正直に見せているのですかね。(苦笑)

すべてのメニューは写真と説明付き。

29062010-129062010-3

選びたいものが決まったら、ここからオーダー。
その後、ウェイターが飲み物&料理を運んでくるという感じです。

途中、テーブルのイメージを変えたりして時間潰し。
基本的にこの日は、会話少なし。(苦笑)

29062010-4

イメージを選んで、ベースの色も変えることが出来ました。
自分仕様とまではいかずとも好みのイメージに変えられるのが、嬉しかったです。好きなカラー、イメージの方がテンション上がりませんか!?

こういうシステムは、ある意味初めて見たような気がします。

日本の居酒屋では、テーブル1つに機械があって、そこからみんなで選んでオーダーするというシステムはよく見かけると思います。
そのシステムを応用&ヨーロッパ人にあわせたスタイルが各々に画面を与えて、注文させるということかなぁと思いました。
ロンドンで食事をする時、シェアをせずに自分の頼んだものを食べることが多いんです。
そういう文化であれば、各々でオーダー、食事というのも可能だし、こんなシステムを採用出来るんだとちょっとした文化の違いも感じました。

個人的にはシェアして食べる料理が大好きなので、こういうスタイルはあまり好きではないですが、アイデアはとっても面白いし、お料理も日本料理ベースのアジア料理なので食べやすいものは多いです。

これといって美味しい!と思うものは・・・でしたが、これはまた食べたい!!
●Thai Beef Salad £8.00
inamo's take on a classic thai dish with a tangy chilli som tam dressing

ロンドンではアジア料理でもそこまで辛いものに出会わないような気がするのですが、これは辛い&パクチーたっぷり!
旦那、旦那の上司がオーダーしていましたが、パンチのある味に二人とも「ひーひー」言いながら食べていました。(笑)

最後に、旦那が頼んでいたデザート。

29062010-5
Macaroon and white chocolate mousse £5.75

こちらのデザートにしては珍しいちっちゃ~い量に、不満な旦那。(笑)
この緑が異様にテーブルのイメージ画像とマッチしていた怪しげデザートでした。。。。
あっ、でもゆずクリームのマカロンで、美味しかったですよ!!

会話より、画面をいじって満足しているところはありましたが(苦笑)、新しいスタイルのレストランで一度行ってみるのも楽しいかと思います!

バラ in Regent's Park

2010.06.28
去年の今頃、母と妹がUKに来てくれていました。

母は初めての海外旅行&飛行機。。。。

私も含め、私の家族はインターナショナルな人間ではないので、日本語ではない国に向けてただ飛行機に乗るだけでもひと苦労な訳です。(苦笑)
母の英語はアルファベットも読めないレベル。
妹にしても、自分だけならまだしもそんな母をフォロー出来るほどの英語は難しいだろうに、母を連れてUKまで来てくれたのは大変だっただろうなと思う次第です。。。。
とにかく会いに来てくれたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。

母がイギリスで楽しみにしていたのは、イングリッシュガーデン。

ということで、ちょうど時期であるイングリッシュガーデンをひたすら見に行きました。
9日間の滞在の間、花と緑に囲まれる生活。
ガーデニングや自然が好きな人にとって、UKの夏は特に素晴らしいものだと実感しました。

名所がたくさんありすぎるので、リストに上げながらもいけない場所もありました。

その1つがバラの庭で有名な「Regent's Park」

先週、お友達のモモグラモさんと一緒に見に行ってきました!

まずは軽く食事をしてからということで、スペイン料理のTapasをつつきに行きました。

「SALT YARD」
54 Goodge St, London
W1T 4NA
Tel 020 7637 0657

写真撮り忘れました。(苦笑)

●チョリソーとパプリカの組み合わせがとっても美味しかった!:Chargrilled Chorizo with Marinated Peppers £5.75

●しし唐揚げのような日本を思い出すメニュー:Padron Peppers £3.75

●もちろん定番のお肉の盛り合わせ:Spanish Selection:Salchichon, Morcon, Lomo, Chorizo £8.75

その他もちょこっと頼みました。どれもお勧めです!
お昼にふらっと予約なしでいきましたら、カウンター席でした。人気店だと思いますので、予約が必要かもしれません。
また、絶対に行きたいと思います!

ワインをボトルで開けいい感じにお酒が入り、本来の目的である「バラを見に行く」をあっさり撤回して、「ここで長居しても良いんじゃないか!?」と悪魔のささやきも聞こえてきたのですが、一応目的地である「Regent's Park」までなんとか向かいました。(笑)

悪魔にそそのかされなくて良かったと思わせる素敵なお庭でございました。お酒の勢いに飲まれなくて良かった。(ほっ)

バラ満開!!

28062010-228062010-3
28062010-428062010-5
28062010-620100628-7

バラ以外の花も。ブルーがとてもきれいです!

20100628-8

とりあえず、公園をふらふらして「ふぉぇ~!」とか「おぉ~!」とかベタな感嘆の声でバラを鑑賞。(笑)
バラを見れたことに喜んでおりましたが、思いの外広いことにもびっくり。

そろそろ終わりだろうと思っていた所でしたが、まだまだ。
この場所が一番きれいでした!危なく見過ごすところでした。(苦笑)

28062010-10

バラがつるをはって、フェンスいっぱいに咲いているのはきれいなものですね。

ちなみに「Regent's Park」のバラは無料で見ることが出来ます。
バラが見れるところは、ロンドン近郊にたくさんありますが、有料のところもあるので、このバラ園は見に行く価値があると思います。
バラを見ながら、公園で休憩というのもこの時期ならではの最高の過ごし方だと思います。
私達が見に行った時には、花が開きすぎているものもあったので、6月中旬が一番きれいにバラを見れる時期かもしれません。

バラをみて疲れた私達、そのままパブへ。
途中でモモグラモさんの旦那様も合流して、何だかんだで結構飲んでいました。
結局、酔っ払いの私を家の近くまで送り届けて頂きました。(苦笑)

モモグラモさん、いつものようにお世話になりました!

そして、お母さん、妹よ、ロンドンへまた遊びに来てね!!
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。