Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

2009年11月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First Certificate in English(FCE)に挑戦

2009.11.30
明日テストがあります。
実は10月初旬からずっとこのテストの為に勉強していました。。。。集中力&記憶力の低下に悩まされ続けた2ヶ月近くでありました。(苦笑)

何のテストかというと、Cambridge主催の「First Certificate in English(FCE)」です。
日本ではTOEIC、TOFELが主流かと思うのですが、イギリスでは聞いたことがありません。
その代わりに、英語力を証明する資格としては「IELT」になります。イギリスの大学に入る場合、このIELTのスコアの掲示を求められます。IELT6~6.5以上が大学入学の為に必要なスコアだと思います。
試験傾向は似ておりますが、今回私が挑戦したFCEはもっと一般よりは問題。IETLは大学受験用という位置づけからかより学術的な問題が多いそうです。
ITELはスコアで評価されますが、FCEの方は合格・不合格の2択です。。。。

ちなみに、Cambridgeが主催するテストの中で、FCEのレベルは中間に位置し一番受験層が多いテストになります。中級程度の英語を駆使出来るかと図るテストで、レベルはIntermediateからUpper intermediate位。
合格の評価はA・B・Cとあるとのこと。
60%とればC判定でぎりぎり合格ってこともありえるんです!悲しいがな、私の目指すところはこのC判定ぎりぎり合格。(崖っぷち)
イギリスへ来て、このテストの存在を知り、年末にはFCEに挑戦しようと密かに決めていたのです。
まだ、用意が十分出来ていないのは分かっていたのですが、無理やり申込しました。(苦笑)

というのは、午前中に通っている語学学校で、このFCEの為の準備クラスがあり、準備クラスに入れるレベルかをチェックするPre-Testを9月中旬に受けてみましたが、見事不合格。。。。
が~ん。(泣)

先生(女) 「Writingが全く出来ていないみたいね。次回Pre-Testまた受けてみて。」

それでもあきらめたくなく、準備クラスが受けられなくても何とかして受けてやる~!と思っていたところ、近くにいた別の先生が助け舟。

先生(男) 「自力でも準備出来るかもしれないから、この本を買って見るといいよ。がんばってね。」

おぉ~、先生ありがとうございます!そんな先生のお薦めの本はこちら


それではと、早速購入して問題に挑戦してみますと、分からない。。。。
何よりあの覚えるしかないPharsal Verbsの量が半端じゃない。(泣)そして、傾向や対策も自分では分からないし自力でやるのは無理だと、自力で受験コースは早速断念。。。。
そして、10月初旬に他の語学学校で受け入れ可能がレベルチェックを受けに行きました。

それが、今通っている午後の語学学校です。「THE English Studio」という語学学校です。
授業料が安いことで有名です。そして、安いなりにもBritish Council認可校です。
午前中の語学学校でFCE準備コースを拒否されているので(苦笑)、こちらで受け入れ可能か不安ではあったのですが、どうやら入学のレベルチェックではコースに入れる模様。(ほっ)

ということで、まずは4週間申込してみました。
しかし、自分のレベルでは4週間では無理でした。。。。テストが12/8と聞いていたのでテストギリギリまで申込を延長しました。午後の語学学校は結局8週間の申込。
10月下旬には、今回は受かりそうもない自分の現実を分かりつつも、次回のテストにと先延ばしにしてしまったら、今勉強しなくなると、自分を追い込み無理やり申込を決行。(苦笑)
ちなみに料金 £95。高すぎるぞ~!(怒)

そして、テスト日程は以下となりました。
12/1
Speaking 10:48~

12/8 
Reading 9:00~10:00
Writing 10:15~11:35
Use of English 12:50~11:35
Listening 13:50~14:30

ということで、明日はSpeakingのテストです。。。。
試験官に「Stop!」と言われるまでしゃべり続けるのが良いと聞いたので、間違っても沈黙にはならないように、何でも良いからしゃべってきます。(苦笑)
スポンサーサイト

IKEAでお買い物

2009.11.29
本日は、「IKEA」に行きました。

引越しをしてまだ購入出来ていないものが、洋服ダンス&鍋。
本日は洋服ダンスを購入するために「IKEA」に行きました。
インターネットで購入したかったのですが、欲しい商品はインターネットでの購入が出来なそうでした。もし、家具全般、インターネットで購入→配送が出来たとしても、これには人件費がかかりますし送料は高いのでは!?と思いました。
お店に行ったとしても、商品は全部自分で運びますし無駄な人件費を省いているから安いわけですよね。

前回も今回の家も、備え付けの家具は全て「IKEA」。安いからに違いないですね。
ベットルームに備え付けの家具のシリーズが「MALM」だと分かったので、その洋服ダンスを購入しようかと。イギリスに永住するわけではないでしょうし、出来れば無駄なものは買いたくないのと、同じシリーズの家具だったら、退去時にひきとってくれるかなぁなんて浅はかなことも考えてます。(笑)

「IKEA」の問題は、ロンドン中心部にはないということです。最低でも電車とバスで1時間以上はかかる模様。
今回行ったのは私達が住んでいるところから、一番近いEdomonton店で、Liverpool駅から「National Rail」
でTottenham Hale駅下車、さらにバス192で15分位だったと思います。バス停は「IKEA」の目の前でした。

それにしてもロンドンの公共交通機関は高いです。そしで無駄が多いです。
「National Rail」はTubeと比べてもさらに高い。。。。今回もたったの15分程度の乗車で£4でした。

電車の中はこんな感じ。

29112009-1
無駄に広いです。。。。

もっと窮屈でもいいから、安い方がありがたいです。
その反面、Tubeは無駄に小さい。。。。それでも安くない。う~ん、求めても無駄ですね。(苦笑)

バスの中で「IKEA」について話している人達が「イケヤ」ではなく「アイケア」という発音で話していました。
確かにそういう発音で読めなくもないですが、国が変われば発音も違うんですね!

「IKEA」はとにかく広いです。
そして、家具はいかにも安そうってものもありますが、中には結構高そうに見えるものでも安いです。。。。びっくりです!
目当ての洋服ダンスも見つけて目的は達成ですが、家から遠いのでなかなか来れないと考えると、他にも必要なものはないかと閉店時間ぎりぎりまで居座りました。(笑)
洋服ダンスをバスや電車で持ち帰るのは無理そうなので、配達が出来るか確認したところ、£60!ひぇ~高い。。。。
£55の買い物でしたから、商品より高い。(本末転倒です。)

他のサービスとしてタクシー。
タクシー受付があるので、そこで名前と行き先を行ってタクシーが来るのを待ちます。
この場合、£35で家まで帰れるとのことだったので、タクシーで家まで帰りました。

結局は£90の買い物に終わりましたが、それでも安く購入は出来たんじゃないかと思います。

帰宅したからは、旦那の会社のスウェーデン人の同僚Jと一緒にいつものインド料理レストラン「MANGO TREE」に行きました!
最近、Jは毎日のようにいっているようです。私もカレー大好きですけど、毎日って。。。。
メニューの中には油っぽいものも多いですし、ただでさえ肉好きのJ、不健康なものばかり食べていないか心配です。(苦笑)

今日は何度も食べているこちらのベジタリアンメニュー!

29112009-2
カレー風味、たっぷりの野菜と炒めたライス+カレー付。

今日もおいしく頂きました。
それにしても、今日は寒かった。。。。底冷えしました。風邪ひかないように気をつけないと。
ロンドンの寒い&雨のいや~な季節始まってます。(泣)

Bus通学

2009.11.26
引越しをしてから、移動はTubeに代わってBusを使うようになりました。

ちなみにTubeもBusも「Oyster Card」で移動が出来ます。「Suica」と同じタッチ&ゴーです!
これまでは、1ヶ月の定期を買わずその都度Tubeの料金£1.6(Zone1移動)を払っていたのですが、これからは住んでいる家がバス停の目の前、そして駅からは少し離れるということもあり、Busに切り替えました。

1ヶ月の定期がバス乗り放題で£53。

バスを使い始めてみて、今までも乗り換えを何度も繰り返しながらバスを使うべきだったと少し後悔。。。。1本で目的地にはいけずとも、バスルートを把握さえすれば大丈夫なのと、バスは本数も多いです。
そして、ロンドン市内を走りますから、景色もきれい!

もっと交通費をケチれたなぁと思う今日この頃であります。(反省)

最後に、バスから撮ったThames riverの景色。ロンドンらしいどんより曇り空の景色。(苦笑)

26112009-1
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。