Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

観光の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族ヨーロッパ滞在2010年末年始 1日目 家族Heathrowへ到着

2011.01.28
今日から、昨年12月23日~今年1月4日までの家族ヨーロッパ滞在のことについて、ゆるりと書いて行きたいと思います。(行動遅すぎ。。。。)

今日は1日目から。

この時期、ヨーロッパ全域の雪による空の乱れが深刻なもので、日本⇔ロンドンの便までキャンセルになっておりました。
母・妹が使うJALの便がキャンセルにならないか、それがこの日までの心配の種でした。

実家を出る直前までメールでやりとりし、成田空港から無事に飛行機が飛ぶまで起きておりました。(深夜3時過ぎまで)

飛行機を乗る時に皆さんは窓際・通路側のどちらが好きですか!?

私は断然、気軽におトイレにいける通路側なんですが(お酒飲みますしね!)、母は絶対に窓際だそうです。
ということで、この便も無事に窓際ゲット!
それに付き合わされる妹が可愛そうなんですけどもね。(苦笑)

Heathrow空港に到着したのは16時頃。
そしてHeathrowでふと思い出していたのは、この映画!

Love Actually


この映画、「Heathrow空港は愛に溢れている!」という出だしから始まります。
離れていた家族・恋人・友人などの大切な人達とようやく会える瞬間が空港の到着ロビー。
めてこの映画を見た時に、納得したのを覚えています。

それに、これは出ているキャストがイギリス人!イギリス英語を聞くには最適な映画だと思います。
個人的には、大好きなColin Firth も出ており、映画の中でポルトガル語に挑戦するんです!
そのシーンも笑えます。(爆)

とまぁ、少し話しは脱線しましたが、母・妹無事に到着!(ほっ)
それも、大きなボンボンがついたニット帽を被ってイギリス入国の我が妹・・・・

こんな子です。(苦笑)

28012011-1

発見しやすいので良いですけども、変にイギリスに溶け込んでるファッションスタイルがウケます。

Heathrow空港から我が家までは、Tubeを使って2時間弱の道のり。
妹から「階段のない駅を使いたい!」という要望がありましたが、ロンドンの駅ってエレベーターだけで地上⇔地下にいける場所って少ないです。
必ずどこかに階段があって、「車椅子の人はどうしているんだろう!?」と疑問です。
そう考えると、日本は殆どの駅で階段を使わずエレベーターで移動が出来るそうなので、良いサービスですね。

ということで、家までの道のりには階段をがっつり使いながらヘトヘトになって到着。
だって、重いのですよ。(泣)

その理由はこれ!

28012011-2
スーツケースの中の殆んどがお土産です!

びっくりする量の、日本食材やらお土産。
どんどん出てきます。

28012011-3

まだまだです!

28012011-4

写真には撮りきれない位の量のお土産!
お土産ばかりで自分達の荷物は最小限で来てくれました。
その気持ちだけでも嬉しいですが、やっぱり日本食材はどれだけあっても嬉しいもの!

殆んどが、私の好きなものですが旦那へはカルピスと胡椒せんべい。
これに関しては旦那にあげたものだから、私が飲みたい&食べたい時は、旦那へお伺いをたててもらいなさいとお達しが出ました。(笑)

母・妹よ、ありがとう♪(もうなくなりつつあります。)

無事にロンドンに到着もつかの間。
次の日は、格安飛行機会社RYANAIRでポルトガル入りします。
日本の飛行機・長距離フライトしか乗ったことのない家族にとって、初めてのエコエコ飛行機会社の搭乗体験。(笑)
そして、いよいよ緊張の旦那の家族・親戚との初対面です。
スポンサーサイト

Bath&Cambridge旅行 2010 観光編①

2010.10.08
先週は私の誕生日&私達の結婚記念日を迎えました。

昨年から「Bathに行ってみたいね!」と二人で言っていたにも関わらず、お互いものぐさな夫婦。。。。実現には1年以上かかりました。(苦笑)
今回は結婚記念日にBath近くのB&Bを予約したので、とりあえず目的地はBath!時間があまったら、他の地域にも行くということで、めちゃくちゃ大まかな計画を立てました。

結局2日間でBath&Cambridgeに行ってきました。
Cambridgeに決めたのは、何となく。(笑)

誕生日に食べ過ぎたので、早起きして朝からジムに繰り出し一汗かいてから出発!
レンタカーを借りました。

08102010-1
車の破損チェックをする旦那。

「こちらのレンタカーはぼったくりか!?」と思ったのですが、カーナビが1日£13.99円。

カーナビって備え付けじゃないのか~!(怒)高い。。。。。

でも、カーナビ様がないとどこにもいけないし。(泣)
カーナビ自体は、ちっちゃなおもちゃみたいで安そうだし(苦笑)、もしUKのレンタカーシステムが全てカーナビは別料金なら、旅行の度に借りるより購入してしまった方が得な気がします。

と、初っ端からぼやきが入りました。(苦笑)

平日のロンドンの中心地を車で走る場合、congestion chargeなるものが徴収される可能性があります。ロンドン内の決められたエリアに入ると、必ず支払わなければいけないようです。(休日は無料です!)
ということで、多くのドライバーがそのエリアを避けて運転します。
今回、レンタカーを借りたのがcongestion chargeエリア外でしたので、そのままエリアに入らないように高速まで進みました。
ぼったくりのカーナビですが、congestion chargeエリアを避けるルート検索のシステムがあり、助けてくれました!(この位はしてくれないとねぇ。)

ロンドン市内の車の渋滞は最悪です。。。。
市内を抜けるまでの10mile以下の距離と高速を走っていた100mileに近い時間が同じ位の時間でした。

こんな風にぼやいてますけども、実際に運転しているのは旦那のみ。
「乗っているだけなのに文句言うな~!」って感じですね。(苦笑)
ヨーロッパ全体でそうなのか車はマニュアルが主流で、オートマ限定の免許しか持たない私は運転ができましぇ~ん。(泣)とはいっても、実際には区別がないようなので、運転してしまって良いと思われますが、絶対無理!

さて、この旅行のメインBathにたどり着きました~!

08102010-16
どしゃぶりの雨です。(泣)

普段は傘など差さないイギリス人達(苦笑)でさえ、傘を差して歩く位雨が降っていました。。。。せっかくの観光なのにいきなり天気に恵まれないスタートとなりました。(とほほ。)

ご飯を食べた後も、まだまだ降りしきる雨。その上、ロンドンを出たのがお昼頃と出遅れているので、すでに16時頃。
Bathに来たら必ず行くべきところである「THE ROMAN BATHS」には、時間をかけて見たかったのと見所のローマ式お風呂は天井がなくオープンになっているので、雨の時に行くよりはと思い、翌日にまた出直すことにしました。

そして、代わりに行ったのは室内で過ごせる観光スポット。
私達夫婦が密かにロンドンに来てはまっているものです!

「Jane Austen Centre」
40 Gay Street, Queen Square, Bath
BA1 2NT
TEL 44 (0) 1225 443000
08102010-508102010-3

Jane Austenはイギリスの有名な作家で、作品の中の「Pride and Prejudice」はKeira Knightley が主演で映画化されているので、ご存知も方も多いと思います。
私達、このJane Ausutinワールドに結構はまっておりまして、「Pride and Prejudice」は映画はもちろんドラマも見ました!
他の作品も映画で見たり、私は図書館でSimplefied versionを借りて読みました。旦那も気に入った作品は原作本を購入して読んでいます。(私も原作で挑戦しなければ!)

BathはJane Ausutinが住んでいた所だそうで、初期の作品である「Northanger Abbey」と「Persuasion」は強い影響を受けているそうです。
「Northanger Abbey」はまだ読んでいないので、これから読んでみたいと思います。

興味のない人にとっては訪れる価値はないところですが、好きな方にはJane Austinを深く知ることが出来ると思います。大きなミュージアムではなく、個人経営!?という感じのアットホームなところでした。

お土産売り場で発見した好みの男性と一緒に写真。(笑)

08102010-4
大好きなColin Firth演じるMr.Darcy

BBSのドラマでColin Firth主演の「Pride and Prejudice」があり、私達は映画よりもこちらの方がお気に入り!
ちなみに、「Bridget Jones's Diary」で出てくるMr.Darcyは、Jane Austinの「Pride and Prejudice」の主人公の名前からつけられたそう。この映画は何度見ても飽きない大好きな映画です♪
「Bridget Jones's Diary」でMr.Darcyを演じたColin Firth、さらに名前の由来となった本物のMr.Darcyもドラマで演じています。ドラマに起用したディレクターのナイスな選択に拍手です!

Jane Austin作品に興味のある方は、過去に本を読んだ感想をブログで載せていますので、どうぞご覧下さいませ。
「Pride and Prejudice」
「Sense and Sensibility」

「Jane Austen Centre」を出た後は、天気は回復!
とはいっても、時間はもう17時過ぎ。夕ご飯にはまだ早いので、「THE ROMAN BATHS」の近くにある温泉に行ってきました~♪

「THERMAE BATH SPA」
The Hetling Pump Room, Hot Bath Street, Bath
BA1 1SJ
TEL 0844 888 0844 (From Overseas 44 1225 33 1234)

ここは本当の温泉ではありませんが、水着着用でプール感覚で楽しめる温泉もどき!?のリラクゼーション施設です。
お金をかければ、エステのようなコースもあって相当癒されそうですが、もちろんそこまでの経済的余裕はありま~ん。。。。

2時間£24で館内温泉プール(地下、屋上)、サウナが使えるチーペストプランで潜り込みました。(笑)
タオルは料金に含まれておらず、レンタル料金£3と聞いていたので持込しました。

久しぶりに行く温泉もどきだったので、終始嬉しく浮かれておりました!
水場だったのでカメラを持ち歩きませんでしたが、ここは屋上にある温泉プールからの景色がとってもきれい!特に私達は夕方から入り込んだので、日の入りをそこで過ごすことが出来ました。

温泉として期待していくと、ポカポカあったまる感じではありませんので、プールに行く感覚で行かれた方が良いと思います。寒いと思ったら、4種類あるスチームサウナに駆け込めます!
料金的には「もう少し安くても良いのでは!?」と感じなくもありませんが、日の入りのきれいな景色を見れたと考えると行ってみた甲斐はありました♪

この後、ディナーを食べてB&Bにたどり着いたのは22時頃。
かなりの田舎道だったので、街頭は全くなし。。。。カーナビが示した最終目的地は違う場所で、夜遅くにその家の方の敷地に勝手に入り込み、不審がられる始末。(泣)最終的には場所を教えてもらって、本当に迷惑をおかけしました。
ぼったくりのカーナビにしてやられましたよ。(くそ~!)

今日はこの辺で終了して、2日目の観光・旅行中の食事・B&B等々、旅行記として続けて書いていきたいと思います。
どうぞ、引き続きお付き合い頂けたら嬉しいです。

Dublin旅行 2010 食事編

2010.07.06
7/3~7/5まで旦那の弟カップルに会いに、アイルランドのDublin(ダブリン)に行ってきました。

いつも通り、庶民の為の飛行機会社「RYANAIR」を使って「Stansted Airport」から「Dublin Airport」のフライトは1時間。
フライトはあっという間でした。

今回、目に付いたのは子供連れの家族が多くいたこと。それを見る度に、将来子供を連れて何度飛行機に乗るんだろう!?と考えてしまいました。。。。当たり前のことなんでしょうけど、彼らに尊敬のまなざしを送っていました。(笑)

「Dublin Airport」から市街までは40分位。
中心地で待ち合わせ。(弟カップルに殆ど案内を委ねた為、覚えている地名が殆どなし。)

06072010-1


今日は、Dublinで食べた食事レポート。

アイルランドは特別名物というのはなさそうでした。
「Fish&Chips」があったり、「Irish Breakfast」なるものが、「English Breakfast」とまったく同じであったりしました。(笑)
ロンドンと同じで、色々な国の食べ物が食べられるような感じでした。

Dublinについて腹ペコで向かった先が、メキシカンレストラン。

「CACTUS」
Millennium Walkway, Middle Abbey Street, Dublin 1
TEL 01-8746198

アイルランドに来たらやっぱり「Guinness」よねぇ~、と思いましたけどメキシコ料理ということもあって用意がなし。。。。

でも、まだ飲んだことのないビールで乾杯!!

06072010-2

お料理は、前菜とメインのセットで€10のセットがあったので、それをオーダー。
メインだけで十分な予感がしましたが、お得感に流されてしまい、案の定凄まじい量の料理を食べることに。。。。

前菜+メイン

06072010-3
06072010-6

06072010-4
06072010-7

06072010-5
06072010-8

いや~、やっぱり海外はどこでも外食の量は多い。。。。
でも、メキシコ料理は久しぶりだったので嬉しかったです!

お酒を飲む時だったら、ナチョスをつまみにするだけで十分な感じですね。
ナチョスの上に載っているグリーンペッパーは辛いけれども、美味しい!これがあることで、味が引き立つんですよね。
それにしてもチーズが使われている料理が多いのと前菜だけで、一食分のカロリーをきちんと取れてしまうボリューム。。。。

とはいっても、きっちりと全部平らげられるおなかを持ち合わせているので、こういう食べ物は危険です。(笑)

さすがにみんな満腹。。。。
この後、がっつり歩き回って、この日の夜は弟カップル宅でこんな料理を頂きました。

06072010-9
ポルトガルのチョリソーです!!奇妙な場所に置いてあります。

↓ ↓ ↓

06072010-10
窓際で弟が焼いてくれました。プチBBQ。(笑)

06072010-11

この簡単に焼いただけのチョリソーをパンに挟んで食べました。弟よ、ありがとう!!
このチョリソーがあれば、ポルトガル料理を作ることも出来そうなので、ロンドンでも探してみよ~!

簡単に済ませるつもりが、意外と食べてしまいました。(苦笑)

次の日は、かなり夜更かしをしていたので起きれず、お昼過ぎからの観光スタートとなりました。
まずは、軽くクレープのお店へ。昨日のメキシカンレストランの目の前のお店。(名前控えませんでした。)

06072010-13

昨日、肉をがっつり食べ過ぎたのでベジタリアンクレープにしました。
とはいってもフェタチーズたっぷりで濃厚なクレープでした。
みんな、それぞれ軽めのメニューでこの日はスタート!

ゆっくり観光した後、夜はアイリッシュレストランへ行きました。

「MILL STONE」
39 Dame Street, City Centre South
TEL 01 679 9931
06072010-14

重厚な雰囲気のお店でした。
弟カップルお勧めの2コース€18をオーダー。

前菜。
06072010-15
Butternut Squash/Irish Apple Cider Soup


メイン。

06072010-17
Goats Cheese &Vegetable Pie
Roast courgette, aubergine, red pepper, cherry tomatoes, goats cheese, basil pesto, baby spinach and fresh mixed herbs

旦那はこちら。

06072010-16
Millstone Traditional Irish Stew
Braised tender lamb, potato, onion, carrot, flat leaf parsley, gravy

写真ボケまくってます。。。。
まず、前菜のButternut Squashのスープはぜひ家でも作りたいお味。
Irish Apple Ciderで作ることで、こんなにも美味しくなるのかとレシピに興味深深です。
Butternut Squashはこちらでも手に入るので、レシピを検索して作ってみようかな。

メインはかなりのボリュームで、おなかがはちきれそうでしたが、野菜たっぷりのパイとゴーチーズの組み合わせが美味でした!さらに、たっぷりのハーブと一緒に食べることで濃厚パイもさっぱりに食べることが出来たのか、最後まで美味しく頂けました。
旦那のシチューも、ラムが柔らかくグレイビーソースが美味しかった♪

雰囲気も良いですし、ゆっくりディナーを楽しむには良いお店だと思います。
アイリッシュ料理は飛びぬけて特徴のあるものではないのでしょうが、好き嫌いの分かれる料理ではないと思いますし、このお店はピザもメニューにあったりしましたので、どんな人も気軽に試せそうな気がします。

アイルランドの料理にあまり期待はしていなかったのですが、思いがけず美味しい料理が食べれたので嬉しかったです♪
ただ、Dublinは思っていたより物価が高かったです。
レストラン・コーヒーショップ・スーパーにしてもロンドンと大体同じ位かなぁという印象でした。

次回は「Guinness」&パブ特集で行きたいと思います。(笑)
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。