Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれStreet The Garrison

2010.09.28
今日は久しぶりに、おしゃれStreet「Bermondsey Street」情報です!

おしゃれStreetにはパブが数件ありますが、今日ご紹介するのはガストロパブとして有名なお店。

「The Garrison」
99-101 Bermondsey Street, London
SE1 3XB
TEL 020 7089 9355
28092010-128092010-2

ガストロパブって何!?って感じですよね。。。。
「歩けばパブにあたる」という位、ロンドンはパブが溢れかえっています。
とはいえ、パブはビールやお酒を飲むところ。食事が美味しいところは少ないです。あっ、でもパブのチップスは大好きです!ビールに良く合いますものね~。(笑)

そんな中、チップスだけでなく(苦笑)お酒を飲みながら美味しいお料理も食べれるパブというのが、ガストロパブと呼ばれるようです。

つい最近まで、このパブもガストロパブとして呼ばれているとは知りませんでした~!
先日、「旦那とガストロパブを体験してみよう!」と意気込んでパブ帰りに、予約なしでふら~っと来店。

が・・・・予約なしでは入れず。(泣)

ガストロパブって人気のようです。。。。
ここには、ビールだけ飲みにいったことはありましたが、確かに奥の方のテーブル席には人がいっぱいで座れなかったので、入り口近くのカウンター席のようなところでカッ~と飲んで、すぐにお店を後にしていました。

おしゃれな雰囲気ではあるのですが、お酒を飲むだけだったら、すぐ目の前にある「The Woolpack」の方が、気軽に飲める感じがあるので、ジム帰りにはそちらによく行っています。

1週間程前に、そんなガストロパブへお酒の友モモグラモさんと一緒に行ってきました!

モモグラモさんがランチを予約しておいてくれました。

ワインのボトルを頼んで、お料理が来るのを待っている間にパンのサービス。

28092010-3

バターを覆っている薄紙がレストランのマークです!こういう細かいところにまで気を配っています。

ワインのお供に、チーズプレートも!

28092010-5

このおっさんのクラッカーが美味しかった~♪
おっさんのアップです。(笑)

28092010-6
何人かしら!?ちょっとデブです。(苦笑)

チーズのプレートなのに、一緒にアプリコットのジャム(ジャムというよりは羊羹の固さです。)みたいなものがサーブされるのがユニークです。
そういえば、ポルトガルの家族が作るジャムもこの感じで、3時のおやつ・お茶の時間にチーズと一緒にサーブされてパンと一緒に食べていました。ポルトガルを思い出すお味でした!

それではメイン!

28092010-4
Garrison steak sandwich, red onion, Portobello mushroom, rocket hand cut chips £10

ステーキが隠れて見えませんね。。。。ポルトガルのそうですが、イギリスもポテトの主張は大きいです。(笑)
お肉ももちろん美味しかったのですが、他の野菜との組み合わせが最高でした!
食べていた時は赤たまねぎではなく、ビートルート(赤カブ)だと思っていましたが、これが甘くて美味しかったです。

肉好きの旦那を差し置いて、野菜好きの自分がステーキサンドイッチなんて食べてしまいましたが、これはお肉が好きな方達におすすめのメニューです♪

流行るお店には理由があるなと感じたこの日の食事。
このパブが、ガストロパブと言われるのは納得です!

どうしても安いアジア料理の方を選びがちですが、たまにはモダンブリティッシュも良いものです♪
モモグラモさん、この日も楽しい時間をありがとうございました!
スポンサーサイト

ようやく実現Birthday Party in GAUCHO

2010.07.24
今日は、旦那から「どこかに出かけたい!」という、いつもにないはりきったリクエストがありました。

そして思い出したのが、旦那の誕生日・・・・

今年は、旦那の誕生日である5月に日本に一時帰国していた私。
旦那の誕生日祝いを、まだしておりませんでした。(なんと薄情な妻でしょう。。。。)

そこで繰り出したのは、いつかは行ってみたいと思っていたアルゼンチンステーキのお店。

「GAUCHO」
2 More London Riverside,London
SE1 2AP
TEL 02074075222
24072010-3

こちらのレストランは、お友達のモモグラモさんから肉好きにはもってこいのレストランだと聞いておりました。

モモグラモさんも南アフリカ人の旦那様を持つ国際結婚組。
「外国人=肉食」と勝手に信じている私。肉を好む人種を旦那様として持っている人達の意見に外れはない!!(笑)
いくつか支店がありますが、私達はTower Bridge店へ足を運びました。

この支店はジムから近いので、まずはジムで一泳ぎ。
そして、お肉の前にお決まりの・・・・・

ハブでビールです♪(笑)

24072010-124072010-2

こちらのパブに集まる人達の習性は「なぜか外で飲みたがる!?」です。
このパブの例外ではなく、人々は外に繰り出し数十メートル離れた所からも空いたグラスが発見される始末です。
とはいえ、夏は外で涼しくビールを頂きたくなる気持ちも分かります。
というより私たちも天気が良ければ、外飲みです!グラスは置き去りにしないように、最低限のルールは守ってます。(笑)

本日のレストランはちょっとポッシュな所でしたので、「パブのビールでおなかを膨らませて、レストランではお水ですまそうかなぁ!?」なんて思いましたけれども、結局無理。。。。
メニューを前にすると、お酒も頼みたくなる不思議な胃袋。(苦笑)

まずはこちらで乾杯!!

24072010-5

お水と考えた脳はどこへ!?このワイン、とってもフルーティーで飲みやすかったです♪
頼んでよかったぁ!(ある意味ポジティブです。)

もちろんメインは二人ともお肉を頼もうと決めていたのですが、オーダーの前に店員さんによるお肉の説明。
こちらを見せてくれました!

24072010-4
ど~ん!とお肉サンプルです。

そんなに肉好きというわけではないのですが、こういうパフォーマンスはテンションが上がりますね!
それぞれ、225g、300g、400gと選ぶことが出来ます。

旦那は迷わず400g。(笑)私は400gと聞いて怖気づき、控えめに300g。

お肉を待つ間に前菜を1品シェア。

24072010-6

イカ・タコの類はロンドンであまり食べれないので、発見すると嬉しくて頼む傾向があります。
ハーブ、オニオン、ライムが効いてさっぱりして美味しかったです!

それでは、本日のメイン!!

Dancing白24072010-8Dancing白
旦那オーダー、サーロイン400g

Clapping白24072010-9Hide白
私オーダー、フィレ300g

付け合せ。

24072010-724072010-10

いや~、大きい塊ですね~!
しかし、フィレ300gは軽く平らげてしまうほど、お肉は柔らか&美味しい♪なぜ400gを選ばなかったのかと後悔する自分。。。。
そして、サーロイン400gを頼んだ旦那もお肉のジューシーさにご満悦。こちらも難なく400g完食。(笑)

さらにサービスのパンが美味しかった!!特に丸いチーズパンは、「おかわり下さい!」と言いたかった。(笑)
サイドオーダーで、ポテトとマッシュルーム、ペッパー&マスタードソースをオーダー。
お肉をたっぷり味わうには、サイドはこの位にしておいて良かったです。

まだまだお腹には余裕が。(笑)
デザートもしっかり頂きました!

24072010-1124072010-12

美味しいお肉を食べた時に、我が家のポルトガル人は必ずお肉を思い出して回想に浸ります。
このレストランに行った後にも、「お肉美味しかったなぁ、また行きたいなぁ。」と何度もつぶやいておりました。

しばらくはお肉を思い出して、回想する日々が続くことでしょう。(笑)
これって、日々の食事で肉を旦那に与えていないということも考えられます。はっ、私の不手際ね。(苦笑)

お値段は確かに安くはないのですが、お店の雰囲気もスタッフの行き届いたサービスにも満足でした。
そんなに頻繁には行けませんが、何かの記念日にはまた絶対に行きたいなと思います!

次回の来店時の課題 → お肉は私もポルトガル人に負けずに400gに挑戦&チーズパンのおかわり!(笑)

Richmond散策

2010.06.16
今日は、久しぶりに会うYさんと一緒に、初めてRichmond(リッチモンド)へ行ってきました。

Richmondはロンドンの中心地からは、電車で20分位。
「National Rail」でWaterloo駅から乗りました。Tubeだけでもいけますが、ちょっと時間もかかりそうだったので、無駄に高い「National Rail」を使いました。
ただ、最近は「Oyster Card」も使えるようになったので、少しは便利になりました。

私はまったくRichmondについて知らないので、すべてYさんに案内を丸投げしてしまいました。(苦笑)
駅から少し歩くと、Thams川沿いへ出ることが出来るということ。

サンドイッチと白ワインを購入して、Thams川沿いに陣取って日光浴をしながら、長いことくっちゃべってました。

UKはこの時期が一番過ごしやすい季節!
晴れる日が多いし、だからといって蒸し暑くないので、外でピクニック気分でゆっくりするのは最高です♪

Yさんも旦那様が外国人組み。
もう、イギリスに永住することも決めているようで、今日は住居について話したりしていました。
結婚して、住む土地がおおよそ決まったとなると、家をどうするかとか大きな問題ですものね。

かなり強い日差しの中、日向に堂々と居座った私達。。。。
ただ座っていただけですが、暑さでやられてきたので、少しお散歩。

お散歩中のRichmondの景色をどうぞ。

16062010-1

高台にある公園からのThams川。

16062010-2

こういうきれいな自然に囲まれて、ちょっとしたものを食べたり飲みながら、ゆっくりするのってすっごく幸せな時間だと思います。
ロンドン郊外はまだまだたくさん良いところがあるようです。

今年は、外人の真似をしてひそかに日焼けしてみようかなと計画していたので、こういう自然に堂々と繰り出したいと思います!
あっ、でも日焼け止めをばっちり塗ります。紫外線対策はしないとねぇ、いい加減若くはないですしね。。。。

目指せ、小麦肌!!(笑)

この後は、パブで休憩。
「ALL BAR ONE」に行きました。

すでにメンバー登録だけはしてあるのですが、まだ行ったことはありませんでした。
小奇麗なパブで、お料理も美味しそうです。バウチャーを持っていけば、特典も受けられます。
普通のパブよりキレイだし、おしゃれな雰囲気です!

今日はビールだけ。
このビールはグラスが好きです!
16062010-3
「PERONI」です。

Yさんはスプライトを飲んでおりました。

ここで、英語まめ知識。
UKではスプライトのことを、「Lemonade(レモネード)」と言うそうです。ほぇ~。。。。

「Lemonade」では炭酸をイメージ出来ない。(泣)
こういうのは、実際に住んでいる人から教わる生活英語だなぁと思いました。

UKの夏を満喫した一日となりました。Yさん、素敵な時間をありがとう♪

それから、今日Richmondに向かうまでの電車に乗っている間に、不思議な装いの女性達を発見していました。
フォーマルなドレスに、頭にも羽飾りというか帽子というか、一昔前の貴族がかぶっていたかのような頭飾りをつけているのです。

よもや、この国を離れている2ヶ月の間に、この国の流行はこの頭飾りに??なんて思ってみたり。。。。

そこで、Yさんに状況を説明してみると「Royal Ascot」が開催されているのではということでした。
そのレースを見る人達が、レース場まで移動するのに自分と同じ電車を使っていた模様です。

「Royal Ascot」とは6月に開催されるイギリス王室主催の競馬レースです。
「Royal Ascot」に参加する時には、フォーマルな装いが必要で、頭飾りを身につける必要があるようです。

こんなドレスコードの説明が載っておりました。(笑)こちら

もっと詳しく、どんな洋服の女性達がお馬さん達を見に行っているかです。
こんな感じです!!(去年の映像)


今年の様子はこんな感じ。こちら

私もこんな頭飾りをつけて、ドレス着てお馬さんが見たい!!!
夢の1つに入れときましょう。(笑)
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。