Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチ&カフェ in ベジタリアンレストラン

2010.02.12
今日は、学校帰りに久しぶりに、ニュージーランド人の旦那様を持つまりりんさんと会うことが出来ました!

二人とも旦那が外国人ということで、共通点は旦那は肉好き(苦笑)でございます。

しかし、私最近平日は全く肉、魚を食さなくなったことと、ロンドンではどのレストランでもベジタリアンメニューが簡単に食べられることから、ベジタリアンメニューに興味を持つようになってます。
もちろん、肉も魚も大好きなので完全なベジタリアンになることはないと思いますが、肉の中でも牛肉は殆ど食べることがなくなりました。チキンや豚の方が断然おいしいと思ってしまう今日この頃。。。。嗜好の変化ですな。

まりりんさんの旦那様も肉好きとは言え、まりりんさん自身はマクロビオティックの料理を習っていたりで、野菜のみのメニューも大丈夫な方だったので、今日は行ってみたかったベジタリアンレストランに2件行きました。

まずはランチとして「MILDREDS」に行きました。

「MILDREDS」
45 Lexington Street, London , W1F 9AN
TEL 020 7494 1634
12022010-3

水色の外装がとっても可愛いです!
店内は広くないのと、人気店のようでお店に着いたのはオープンしてからすぐだったにも関わらず、食事をする頃には満席になっていました。ちょっと窮屈な感じだったので、純粋に食事を楽しむだけの方が良い感じでした。

頼んだのはこちら。

12022010-1
daily special

12022010-2
butterbean, butternut squash and tomato cinnamon spiced stew
served with rosemary polenta sticks

daily specialのクスクスの上にのっている器のようなものは、チーズ風味の揚げ物。他の野菜とクスクスと一緒に食べるのも美味しかったですが、これだけでもお酒のつまみになりそうな感じでした。
もう一品は、シナモンの香りが利いていて、かぼちゃが美味しく頂けました。トマトにシナモンとは思いつかなかったですが、意外と合います!家で作るヒントになりました。

食事の量は、多すぎず少なすぎずなので前菜を頼める量だと思います。
店員のお兄さんの笑顔も素敵でしたし、また行きたいなぁと思います♪

デザートはここでは食べず、もう1件のベジタリアンレストランへ移動しました。

「tibits」
12-14 Heddon Street,off Regent Street,London W1B 4DA
TEL +44 (0)207 758 4110
12022010-4

お店はとっても開放的です!

まりりんさんは旦那様と何度か来た事があったようでしたが、私は始めてだったので、店員さんからお店のシステムの説明を受けました。初回来店時には店員さんが説明してくれるようです。
まず、店内中央にあるブッフェスタイルの数十種類のサラダから、自分の好きな種類、量をプレートにとって、レジに持っていきお会計をするというシステム。要するに量り売りです。
種類で分かれていないようでしたので、このお店の全ての料理が同じPer gramで売られているということだと思います。

こんな感じです。

12022010-512022010-8
12022010-1312022010-712022010-11

バレンタイン前ということもあって、ハートのバルーンが所々に飾られておりました。
今日は、ランチをばっちり食べていたので、きちんと料理をチェックしませんでしたが、かなりの野菜料理が選べます。

まりりんさんが気になっていたのは、こちら。

12022010-9

Artichokeです。まだ食べたことがないのですが、名前だけは聞いたことがありました。
知っていたのは食べる前の外見で、かなり大きなふきのとうのようなイメージです。(ちょっと違うかも。。。。)どうやって食べるのか疑問でしたが、外側の無駄な部分を省くとこんなに小さくなるのかぁとちょっとびっくりでした。
これは、次回挑戦します!

今日は、デザートだけにしました。

12022010-1012022010-12

私は左のチーズケーキとベリーのクランブル。まりりんさんはホットチョコレート。
どちらも美味しかったです!デザートの品揃えは少ないですが、この他レジの前にペストリーもありました。

このお店はゆっくりと時間を過ごせます。それをいいことに、久しぶりにあったまりりんさんと長々話し込んでしまいました。(笑)
最後にお店を出る時に、オーナーが話しかけてきてくれました。
どうも、入店時に写真をところかまわず撮っていたので、ライターなのかと勘違いしたようです。(笑)
こんな文章のかけないライターなんていませんよ~!ごめんなさい、ただちまちまブログ書いてるだけです。。。。

ただ、ブログを書いている旨を伝えると、何か必要な情報があったらとご親切に名刺まで頂きました。
笑顔のとっても素敵なオーナーです!また絶対行きます!(単純)

今度はランチをしに、こちらのお店にも行きたいと思います。お茶をするのに時間をつぶすにも最適な空間です♪

その後、まりりんさんと一緒にカードショップへ。

私、すっかりバレンタインの日にち間違えて、土曜日だと思っていたのですが、日曜日でしたのね。。。。
そんな状態なのと、こちらは男性がプレゼントをあげるのが習慣と聞いていたので、カードも男性のみが贈るものかと思っておりましたら、どうも女性もプレゼントするようですね。
まぁ、私軽くスルーさせて頂きました。(笑)

カードショップに行ったところ、次から次へと男性客入店→カードを購入。
これは文化の違いですな。ちょっとびっくりする光景でした。

お花&カードはいつもらっても嬉しいものですしね!いい習慣ですね。私も来年はやってみるか。(ちょっと弱腰)

とっても楽しい金曜日の午後でした!まりりんさん、ありがとうございました♪
スポンサーサイト

お気に入りのコーヒー MONMOUTH

2010.01.27
コーヒーを飲む習慣は、大学受験の時からだと思います。
その当時は、コーヒーの特性を利用して眠気を打破する為に無理やり濃い目のインスタントコーヒーを作り、飲み干していました。。。。
なんてまずい飲み物だろうと思っておりましたが、嗜好は変わるものですね。
今はコーヒーなしでは生きられない!って位飲んでます。(苦笑)

インスタントコーヒーでも飲めますし、大きなこだわりはないのですが、家の近くにおいしいコーヒーを売るお店を発見して以来、豆から挽いたコーヒーを購入しております。

「MONMOUTH」
The Borough 2 Park Street
London SE1 9AB
Monday-Saturday
7:30am–6:00pm
closed Bank Holidays

27012010-327012010-1

これは秋に撮った写真ですが、基本的に写真のようにいつも混んでいて、コーヒーを買う為に行列が出来ています。
Borough Marketの目の前という立地もあるかもしれません。Marketの開催日には、Market内でも購入することが出来ます。
コーヒー豆は10種類以上(だと思う!?)から選べ、店員のお姉さんに希望を伝えるとそれにあったコーヒー豆をおすすめしてくれ、その場で豆を挽いてくれます。

まことに残念ながら、味の違いがそこまで見分けられる夫婦ではないのですが(苦笑)、何となく強い味のコーヒーが良い旨を伝えて購入してます。
旦那が本日購入して来たのは、ブラジル産。
ポルトガル語発見!でも、もちろん発音出来ず。(苦笑)

27012010-2

おいしいコーヒーを飲む習慣。ちょっとした贅沢気分に浸れる瞬間です!

三角コーナー発見!

2010.01.19
本日は学校帰りに、Piccadilly Circus駅近くPiccadilly Street沿いの「COSTA」で学校の復習と本を読みました。
「COSTA」はチェーン店でどこにでもありますが、こちらの店舗は広々として落ち着いており居心地が良いです。

カプチーノを頼んで、長居しました。

20100119-3
チョコレートパウダーが可愛いです!

現在、読み進めている本は「The Phantom of the Opera」
TOEIC700点レベルの理解力で読める本とのことでしたが、難しいということはまだそのレベルでないということでしょう。。。。
ちなみに、恥ずかしながら2年半程前にはじめて受けたTOEICは、400点以下でした。(泣)
いや~、あまりの悪さに旦那に結果を報告しなかったのを覚えています。
今はどの位のレベルなんでしょうか。。。。少しはあがっていることを期待します。(笑)

Piccadilly Circus駅の近くには「JAPAN CENTRE」があります。
売っていたらいいなぁと思うものがあり、言ってみたところありました!!

欲しかったものはこちら。

20100119-1
生ごみを捨てる三角コーナー!!

先日、家族から小さな生ごみを捨てるように水切り袋を送ってもらっていました。
が、三角コーナーが普通のスーパーや100円均一のようなところでも売られてことが発覚。(泣)
水切り袋だけでは、コーヒーのカスなど捨てるのに苦労していたので、どこかで売っていないものかと思っていました。
困った時には、日本の商品を売るスーパーですね!
でも、こんな100円均一で売ってそうな代物が£2.49ですよ。。。。仕方ないですけど。

ところで、1人暮らし用の小さなキッチンは別として、日本の台所のシンクは結構大きいですよね。
大きいシンクを好まれる方が多いと思います。
台所は同じ広さの家で比べれば、大きい作りだとは思うのですが、こちらのシンクはものすごく小さいです。

三角コーナーを置いてみるとこんな感じ。

20100119-2
シンク、小さすぎますよね!?

日本のシンクの半分位の幅じゃないでしょうか。。。。
これはきっと文化の違いで、食べ終わった後の食器を手で洗わないことからくるシンクの小ささだと思います。
前回の家も今の家もDishwasherがついています。基本的にどの家庭にもついているようです。

日本でもDishwasherを使われる方が多いのかもしれませんが、私はスポンジで洗ってます。
二人で住んでいてDishwasherを使うほどの量ではないですし、洗うべき食器がたまるのを待っていたら、必要最低限しかない私達の家の食器は、すぐになくなってしまいます。。。。
食べたら洗い、Dishwasherの中にしまい乾燥させるってな感じです。(苦笑)

シンクの広い日本の台所が懐かしいです。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。