Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dublin旅行 2010 食事編

2010.07.06
7/3~7/5まで旦那の弟カップルに会いに、アイルランドのDublin(ダブリン)に行ってきました。

いつも通り、庶民の為の飛行機会社「RYANAIR」を使って「Stansted Airport」から「Dublin Airport」のフライトは1時間。
フライトはあっという間でした。

今回、目に付いたのは子供連れの家族が多くいたこと。それを見る度に、将来子供を連れて何度飛行機に乗るんだろう!?と考えてしまいました。。。。当たり前のことなんでしょうけど、彼らに尊敬のまなざしを送っていました。(笑)

「Dublin Airport」から市街までは40分位。
中心地で待ち合わせ。(弟カップルに殆ど案内を委ねた為、覚えている地名が殆どなし。)

06072010-1


今日は、Dublinで食べた食事レポート。

アイルランドは特別名物というのはなさそうでした。
「Fish&Chips」があったり、「Irish Breakfast」なるものが、「English Breakfast」とまったく同じであったりしました。(笑)
ロンドンと同じで、色々な国の食べ物が食べられるような感じでした。

Dublinについて腹ペコで向かった先が、メキシカンレストラン。

「CACTUS」
Millennium Walkway, Middle Abbey Street, Dublin 1
TEL 01-8746198

アイルランドに来たらやっぱり「Guinness」よねぇ~、と思いましたけどメキシコ料理ということもあって用意がなし。。。。

でも、まだ飲んだことのないビールで乾杯!!

06072010-2

お料理は、前菜とメインのセットで€10のセットがあったので、それをオーダー。
メインだけで十分な予感がしましたが、お得感に流されてしまい、案の定凄まじい量の料理を食べることに。。。。

前菜+メイン

06072010-3
06072010-6

06072010-4
06072010-7

06072010-5
06072010-8

いや~、やっぱり海外はどこでも外食の量は多い。。。。
でも、メキシコ料理は久しぶりだったので嬉しかったです!

お酒を飲む時だったら、ナチョスをつまみにするだけで十分な感じですね。
ナチョスの上に載っているグリーンペッパーは辛いけれども、美味しい!これがあることで、味が引き立つんですよね。
それにしてもチーズが使われている料理が多いのと前菜だけで、一食分のカロリーをきちんと取れてしまうボリューム。。。。

とはいっても、きっちりと全部平らげられるおなかを持ち合わせているので、こういう食べ物は危険です。(笑)

さすがにみんな満腹。。。。
この後、がっつり歩き回って、この日の夜は弟カップル宅でこんな料理を頂きました。

06072010-9
ポルトガルのチョリソーです!!奇妙な場所に置いてあります。

↓ ↓ ↓

06072010-10
窓際で弟が焼いてくれました。プチBBQ。(笑)

06072010-11

この簡単に焼いただけのチョリソーをパンに挟んで食べました。弟よ、ありがとう!!
このチョリソーがあれば、ポルトガル料理を作ることも出来そうなので、ロンドンでも探してみよ~!

簡単に済ませるつもりが、意外と食べてしまいました。(苦笑)

次の日は、かなり夜更かしをしていたので起きれず、お昼過ぎからの観光スタートとなりました。
まずは、軽くクレープのお店へ。昨日のメキシカンレストランの目の前のお店。(名前控えませんでした。)

06072010-13

昨日、肉をがっつり食べ過ぎたのでベジタリアンクレープにしました。
とはいってもフェタチーズたっぷりで濃厚なクレープでした。
みんな、それぞれ軽めのメニューでこの日はスタート!

ゆっくり観光した後、夜はアイリッシュレストランへ行きました。

「MILL STONE」
39 Dame Street, City Centre South
TEL 01 679 9931
06072010-14

重厚な雰囲気のお店でした。
弟カップルお勧めの2コース€18をオーダー。

前菜。
06072010-15
Butternut Squash/Irish Apple Cider Soup


メイン。

06072010-17
Goats Cheese &Vegetable Pie
Roast courgette, aubergine, red pepper, cherry tomatoes, goats cheese, basil pesto, baby spinach and fresh mixed herbs

旦那はこちら。

06072010-16
Millstone Traditional Irish Stew
Braised tender lamb, potato, onion, carrot, flat leaf parsley, gravy

写真ボケまくってます。。。。
まず、前菜のButternut Squashのスープはぜひ家でも作りたいお味。
Irish Apple Ciderで作ることで、こんなにも美味しくなるのかとレシピに興味深深です。
Butternut Squashはこちらでも手に入るので、レシピを検索して作ってみようかな。

メインはかなりのボリュームで、おなかがはちきれそうでしたが、野菜たっぷりのパイとゴーチーズの組み合わせが美味でした!さらに、たっぷりのハーブと一緒に食べることで濃厚パイもさっぱりに食べることが出来たのか、最後まで美味しく頂けました。
旦那のシチューも、ラムが柔らかくグレイビーソースが美味しかった♪

雰囲気も良いですし、ゆっくりディナーを楽しむには良いお店だと思います。
アイリッシュ料理は飛びぬけて特徴のあるものではないのでしょうが、好き嫌いの分かれる料理ではないと思いますし、このお店はピザもメニューにあったりしましたので、どんな人も気軽に試せそうな気がします。

アイルランドの料理にあまり期待はしていなかったのですが、思いがけず美味しい料理が食べれたので嬉しかったです♪
ただ、Dublinは思っていたより物価が高かったです。
レストラン・コーヒーショップ・スーパーにしてもロンドンと大体同じ位かなぁという印象でした。

次回は「Guinness」&パブ特集で行きたいと思います。(笑)
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。