Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Milano旅行 2010 Winter お買い物編

2010.01.30
1/14~1/16までMilano旅行で久しぶりにお買い物をしました!

今年はMilano旅行があったので、冬のセールでは殆ど何も買わずに我慢していました。
Milano旅行で行きたかったところが2箇所ありました。

まずは「ETRO」のアウトレット。
Via Spartaco, 3
20135 Milano, Mailand (Lombardia), Italy

前回のMilano旅行で行って、かなり収穫有だったので今回も是非行かなければという感じでした。

「ETRO」と言えばペイズリー柄が有名で、もちろんそのペイズリー柄も大好きなんですが、他のパターンも個性的で大好きです。
ただ、普通に買うにはちょっとお高いですよね。。。。
イタリアはブランドのアウトレットが郊外に行けば、結構あると思います。そちらに行けば、「ETRO」のアウトレットもおのずとありますが、Milano中心にアウトレットがあるのがまず嬉しいです。
それから、物によっては庶民にも手に届く範囲の価格の商品があります!相当安くなっていると思われます。

前回は、ストール&Tシャツを購入しました。どちらも€50位だったと思います。(その当時€1=110円以下)それは今でもお気に入りで、良く使っています。
ストールは、一緒に旅行したAと色違いでおそろいです♪

今回も、「ETRO」らしい柄シャツが€50程で売っており、かなりテンション上がり気味だったのですが、アウトレットの欠点であるサイズが合いませんでした。
小さいサイズが殆どないので、その点が日本人にはちょっとつらいところですね。
かなり大ぶりの私でさえ、たまにそんな思いをしますから、平均的な日本人体型ですと、海外の買い物は、欲しいデザインが見つかってもサイズが合わず悲しい思いをすることが多いでしょうね。。。。

悲しむ私を横目に、かなり大ぶりなアメリカ人集団はキャッキャいいながらあれもこれも選んでました。
英語圏の住民であることは間違いありませんでしたが、あれは絶対イギリス人ではなかったと思われます。
なぜなら、テンション高くウルサイ集団だったから。(苦笑)

男性用も品揃えが多く、旦那にも進めていたのですが、やはり奇抜すぎるものは受け入れてもらえず。。。。
外国人の顔には合うと思うのですけどね。
あっ、でも日本人ですけど奇抜な柄を着るの好きです。 (笑)

今回は、こちらを購入。

30012010-8

男性用のベルトだということですが、オレンジ大好きなのと、鮮やかな色の組み合わせに惚れて購入。

実は、FCEのテストの時にベルトがブチっと切れたんです。
ベルトが切れるってそんなに太ったのか!?って感じですけど、言い訳させてもらうと、コマつなぎのベルトで、いつも同じところで止められるように無理していたので(苦笑)、一箇所に負担がかかっていたと思われます。
その時は、あまり気にしてなかったんですけど、ベルトが切れるって。。。。
テストの日は運も良くなかったんですね~。運のせいにしときま~す。(笑)

そんな理由で、ベルトを探していたこともあり、€80位と今の自分には少し高めでした(泣)、買っちゃいました。
そして、シャツは少し大きめでも購入するべきだったなとちょっと後悔している次第であります。


次に「DUVETICA」
こちらは、ダウンジャケットのブランドです。日本ではセレクトショップでよく見かけましたので、結構有名なのではないでしょうか!?

一昨年の旦那へのクリスマスプレゼントに「DUVETICA」のオレンジのダウンジャケットをプレゼントしました。
実は、自分用に欲しかったのですが女性用にオレンジはなく、泣く泣く旦那にプレゼントする方法を取った次第であります。(苦笑)

「DUVETICA」はイタリアのブランドであるので、Milanoで購入出来るだろうと信じ、昨年のクリスマスプレゼントは保留にして、Milanoで「DUVETICA」のダウンジャケットを買って頂く計画を立てておりました。

というのは、ロンドンでは売られているお店を見たことがなかったため、イギリス人の嗜好には合わないブランドなのだと思っておりました。

しかし、これまでそうかなぁと思っていたことが現実のものとなりました。

ヨーロッパブランドは日本人の為に作られている!?


イタリアが本社でありながら、Milanoに路面店はなし。ショールームがあり、電話をしたところ一般人の見学は出来ず。
ネットで探しても売っているお店を探し出すことが、とても困難でした。
再度、ショールームに電話しMilano中心で「DUVETICA」を売っているお店を教えてもらったところ、1件だけ。イタリア語が話せないので、この結果となりましたが、本当はもっとあるかもしれません。

「Mister Golf」
Piazza Cinque Giornate, 5 - 20129 Milano
tel: +39 02 55185752

早速そこに行ってみると、本当に少しですがようやく見ることが出来ました!
ゴルフ用の洋服を売るセレクトショップのようです。来期も取り扱うようでしたが、常設で取り扱っているかは疑問です。

こちらを購入しました。

30012010-630012010-9

セールにより30%オフ!€200以下。
本当は、長袖が欲しかったのですが、この素材・チャック部分の色が鮮やかなシリーズのダウンジャケットは他に売っていなかったので、今回は袖なしで我慢することにしました。
色も選ぶことは出来ませんでしたが、この色合いも気に入りました。
この光沢具合と、フード部分も全部チャックでしまるデザイン、鮮やかなチャック部分が好きです。
そして、内側のポケットに折りたたんで収納可能みたいですね。(笑)ムービーを見ていましたら、他のシリーズでも、小さくたたんでしまいこめるものがありました。
それから、使われている羽毛にもこだわりがあるようです。とはいえ、個人的にはデザインが気に入ったので、羽毛に関してあまり詳しく情報を得ていません。(笑)

ダウンジャケットで有名なブランドは、「MONCLER」だと思います。
「MONCLER」も始めて着たとき、ダウンジャケットの軽さ、それでいて温かく、デザインも素敵な作りに感動したのを覚えています。
「MONCLER」がいいのはうなずけますが、個人的意見で、最近は「DUVETICA」の方が購入したい気持ちが強いです!

いや~、それにしても日本だったら東京のセレクトショップで結構見れるはずの商品が、こんなにも探し出すのに困難を極めるとは思いませんでした。
一応ヨーロッパに住んでいるのに、ヨーロッパの製品が購入出来ないなんて皮肉です。(泣)

多分、日本の会社が買い占めているんでしょうね。。。。
ということで、私の調査が足りない可能性もありますが、多分日本での購入の方が簡単です。
「DUVETICA」は日本で!(かな!?)
今年の冬までにもう少し調べてみたいと思います・

日本のマーケットの大きさを再認識したMilanoショッピングでございました。(笑)
スポンサーサイト

三角コーナー発見!

2010.01.19
本日は学校帰りに、Piccadilly Circus駅近くPiccadilly Street沿いの「COSTA」で学校の復習と本を読みました。
「COSTA」はチェーン店でどこにでもありますが、こちらの店舗は広々として落ち着いており居心地が良いです。

カプチーノを頼んで、長居しました。

20100119-3
チョコレートパウダーが可愛いです!

現在、読み進めている本は「The Phantom of the Opera」
TOEIC700点レベルの理解力で読める本とのことでしたが、難しいということはまだそのレベルでないということでしょう。。。。
ちなみに、恥ずかしながら2年半程前にはじめて受けたTOEICは、400点以下でした。(泣)
いや~、あまりの悪さに旦那に結果を報告しなかったのを覚えています。
今はどの位のレベルなんでしょうか。。。。少しはあがっていることを期待します。(笑)

Piccadilly Circus駅の近くには「JAPAN CENTRE」があります。
売っていたらいいなぁと思うものがあり、言ってみたところありました!!

欲しかったものはこちら。

20100119-1
生ごみを捨てる三角コーナー!!

先日、家族から小さな生ごみを捨てるように水切り袋を送ってもらっていました。
が、三角コーナーが普通のスーパーや100円均一のようなところでも売られてことが発覚。(泣)
水切り袋だけでは、コーヒーのカスなど捨てるのに苦労していたので、どこかで売っていないものかと思っていました。
困った時には、日本の商品を売るスーパーですね!
でも、こんな100円均一で売ってそうな代物が£2.49ですよ。。。。仕方ないですけど。

ところで、1人暮らし用の小さなキッチンは別として、日本の台所のシンクは結構大きいですよね。
大きいシンクを好まれる方が多いと思います。
台所は同じ広さの家で比べれば、大きい作りだとは思うのですが、こちらのシンクはものすごく小さいです。

三角コーナーを置いてみるとこんな感じ。

20100119-2
シンク、小さすぎますよね!?

日本のシンクの半分位の幅じゃないでしょうか。。。。
これはきっと文化の違いで、食べ終わった後の食器を手で洗わないことからくるシンクの小ささだと思います。
前回の家も今の家もDishwasherがついています。基本的にどの家庭にもついているようです。

日本でもDishwasherを使われる方が多いのかもしれませんが、私はスポンジで洗ってます。
二人で住んでいてDishwasherを使うほどの量ではないですし、洗うべき食器がたまるのを待っていたら、必要最低限しかない私達の家の食器は、すぐになくなってしまいます。。。。
食べたら洗い、Dishwasherの中にしまい乾燥させるってな感じです。(苦笑)

シンクの広い日本の台所が懐かしいです。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。