Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族・友人からのお手紙

2011.03.07
ここ1週間位でお手紙を3通受け取りました!

07032011-1


Portoにお住まいのピパーナさん、日本の中学校時代の友人C、母の3人からのお手紙でした。

ピパーナさんは年末の家族滞在の際に、家族全員でご自宅に押しかけたにも関わらず、とっても温かいおもてなしで優しく迎えてくださり、さらに可愛い家族のキカちゃん、チョモちゃんとも触れ合うことが出来、母も妹も大感激♪
今回はPortoの素敵な景色の絵葉書に、封筒には猫好きにはたまらない猫ちゃんシールも忘れないお茶目なピパーナさん!

こちらは裏面。
07032011-3
くぅぅぅぅ、可愛い☆


そして、Cからのお手紙は女の子の日、雛祭りの飛び出す絵葉書♪

07032011-2

海外にいると忘れがちなイベントですが、こうして忘れないようにさりげなく日本の風邪を運んでくれるCの優しさがとっても嬉しかったです!
私達の家には雛人形がないので、来年はこの手紙を飾って雛祭り気分を楽しみたい位です。

最後に母からは浅田真央ちゃん、松井秀樹の新聞の切り抜き記事。

冬といえばフィギュア、そして私達は真央ちゃん派!
今期は不調と聞いておりますが、真央ちゃんがんばれ~♪

私は野球には全く興味がありませんが、母は「私は松井秀樹が大好きだから!」となぜか松井の近況も教えたかったようです。(笑)

そして、日本にいた頃、唯一見ていたTV番組の大河ドラマに関する記事も。

今回の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は密かに私も視聴しているのですが、どちらかというと苦情を申し上げたい脚本内容。。。。
それを母に切々と語っておりましたところ、同じように感じる人の酷評記事を切り抜きで送ってくれました。

私は日本史が好きなのですが、大河ドラマを小さい頃に見ていた影響もあって好きになったのではと思っています。
歴史をきちんと知るには大河ドラマはフィクションととらえて見る必要もありますが、あまりに嘘っぱちな内容には正直がっかりさせられます。
この辺は意見が分かれるところだと思いますので、この辺で!


思いのこもった手紙を受け取ると、それだけで本当に嬉しい気分になりますね!
今はメッセージを簡単にメールで送ることも出来ますが、だからこそ手紙のように時間をかけて思いを綴っていく手段は素晴らしいものと感じるのかもしれません。

毎日元気にがんばるパワーを充電させてもらいました。
ピパーナさん、C、お母さん、素敵なお手紙を本当にありがとう!!!
スポンサーサイト

家族ヨーロッパ滞在2010年末年始 1日目 家族Heathrowへ到着

2011.01.28
今日から、昨年12月23日~今年1月4日までの家族ヨーロッパ滞在のことについて、ゆるりと書いて行きたいと思います。(行動遅すぎ。。。。)

今日は1日目から。

この時期、ヨーロッパ全域の雪による空の乱れが深刻なもので、日本⇔ロンドンの便までキャンセルになっておりました。
母・妹が使うJALの便がキャンセルにならないか、それがこの日までの心配の種でした。

実家を出る直前までメールでやりとりし、成田空港から無事に飛行機が飛ぶまで起きておりました。(深夜3時過ぎまで)

飛行機を乗る時に皆さんは窓際・通路側のどちらが好きですか!?

私は断然、気軽におトイレにいける通路側なんですが(お酒飲みますしね!)、母は絶対に窓際だそうです。
ということで、この便も無事に窓際ゲット!
それに付き合わされる妹が可愛そうなんですけどもね。(苦笑)

Heathrow空港に到着したのは16時頃。
そしてHeathrowでふと思い出していたのは、この映画!

Love Actually


この映画、「Heathrow空港は愛に溢れている!」という出だしから始まります。
離れていた家族・恋人・友人などの大切な人達とようやく会える瞬間が空港の到着ロビー。
めてこの映画を見た時に、納得したのを覚えています。

それに、これは出ているキャストがイギリス人!イギリス英語を聞くには最適な映画だと思います。
個人的には、大好きなColin Firth も出ており、映画の中でポルトガル語に挑戦するんです!
そのシーンも笑えます。(爆)

とまぁ、少し話しは脱線しましたが、母・妹無事に到着!(ほっ)
それも、大きなボンボンがついたニット帽を被ってイギリス入国の我が妹・・・・

こんな子です。(苦笑)

28012011-1

発見しやすいので良いですけども、変にイギリスに溶け込んでるファッションスタイルがウケます。

Heathrow空港から我が家までは、Tubeを使って2時間弱の道のり。
妹から「階段のない駅を使いたい!」という要望がありましたが、ロンドンの駅ってエレベーターだけで地上⇔地下にいける場所って少ないです。
必ずどこかに階段があって、「車椅子の人はどうしているんだろう!?」と疑問です。
そう考えると、日本は殆どの駅で階段を使わずエレベーターで移動が出来るそうなので、良いサービスですね。

ということで、家までの道のりには階段をがっつり使いながらヘトヘトになって到着。
だって、重いのですよ。(泣)

その理由はこれ!

28012011-2
スーツケースの中の殆んどがお土産です!

びっくりする量の、日本食材やらお土産。
どんどん出てきます。

28012011-3

まだまだです!

28012011-4

写真には撮りきれない位の量のお土産!
お土産ばかりで自分達の荷物は最小限で来てくれました。
その気持ちだけでも嬉しいですが、やっぱり日本食材はどれだけあっても嬉しいもの!

殆んどが、私の好きなものですが旦那へはカルピスと胡椒せんべい。
これに関しては旦那にあげたものだから、私が飲みたい&食べたい時は、旦那へお伺いをたててもらいなさいとお達しが出ました。(笑)

母・妹よ、ありがとう♪(もうなくなりつつあります。)

無事にロンドンに到着もつかの間。
次の日は、格安飛行機会社RYANAIRでポルトガル入りします。
日本の飛行機・長距離フライトしか乗ったことのない家族にとって、初めてのエコエコ飛行機会社の搭乗体験。(笑)
そして、いよいよ緊張の旦那の家族・親戚との初対面です。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。