Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚手続き3 婚姻届提出!

2009.08.14
さて、前回から引き続いてポルトガル人との結婚手続きです。

すでに婚姻届提出前の手続きとしては、「婚姻具備証明書」を受取のみ。
会社のお昼休みを利用して「婚姻具備証明書」の受取完了(大使館訪問4回目)。
後は、この書類を当人達が提出したい日に役所に提出し、役所から発行される「婚姻受理証明書」をポルトガル大使館へ提出すれば、日本&ポルトガル共に結婚手続き完了!

入籍日は10月初旬と決めておりましたので、その日まで「婚姻具備証明書」は保管。
入籍日は平日でしたので、会社にお昼休み&1時間程、婚姻届提出の為に時間を頂いたので、さらっと区役所へ「婚姻具備証明書」の提出を済ませて会社に戻る予定でした。
旦那と区役所のある駅で待ち合わせし、区役所へ「婚姻具備証明書」を提出しました。これで、晴れて結婚!

が、しかし私思い違いをしておりました。。。。

区役所役員 「日本での結婚の場合、日本の婚姻届も必要となります。婚姻届は記入済ですか!?」

が~ん、知りませんでした。。。。

 「記入してません。。。。婚姻届を下さい。」
区役所役員 「本日、提出されたいですか?保証人2名の記入が必要になりますが、大丈夫ですか?」

保証人。。。。聞けば誰でも良いというが、いきなりでは。でも、今日なんとしても提出したいものだし。。。。
さっそく母、妹へ確認。私は会社に戻らなければならなかったのと、旦那も語学学校にその日は必ずいく必要があったので、旦那の語学校終了後、17時頃区役所のある駅で旦那が私の家族と待ち合わせをし、婚姻届の保証人欄に母と妹の名前を記入してもらうことで何とかしようと考えましたが、問題は区役所の閉館時間。

 「本日は何時まで婚姻届を受付していますか?」
区役所役員 「19時30分までです。」
 「私は提出にいけませんが、二人で提出でなくても大丈夫ですか?」
区役所役員 「大丈夫ですよ。なんとかがんばって見てくださいね。」

本当にこんなことで焦るとは。。。。区役所を出て、二人でとりあえずカフェに入り、急いで婚姻届を記入。世帯主等あっているかどうか分からずでしたが、とりあえず記入。

日本人同士の結婚の場合、これまでの戸籍から相手方の戸籍にはいることになるのだと思いますが、国際結婚の場合、相手方の戸籍が日本にはない為、これまでの戸籍からは抜けますが、新しく自分のみの戸籍が出来上がります。詳しくは理解出来ていないので、この表現がいいかどうかは分かりませんが。。。。
ということで、本籍を決める必要がありました。この本籍は出会った場所等々、どこでもいいそうです。まぁ、普通にいままでの実家の住所を採用しましたけど。

婚姻届をこんな急いで記入することになるとは、夢にも思わず。。。。とりあえず記入出来たのと、母と妹とも連絡がとれ待ち合わせ場所・時間も何となく伝達出来たので、旦那にたくし急いで会社へ戻りました。

後は保証人欄に母と妹のサインをもらい、旦那と家族に区役所の閉館時間までに提出してもらえばとはいうものの、大丈夫かどうか不安でした。。。。

そして、18時頃旦那&家族より電話があり何とか手続きは出来たとのこと。

しかし、やはり間違いは数箇所あり。訂正印が入りました。。。。婚姻届に訂正印って(苦笑)縁起悪そうですが、まぁよしとします(強気)

手続き終了後、旦那と家族は3人で祝杯をあげてました。自分が参加出来ていないことになんだかうけました(笑)

もともと、婚姻届提出に母も妹も「一緒に行きたい!行きたい!」と騒いでいたのですが、「来るな、来るな!」と断っていたものの、最終的に本当に家族にお世話になりました(苦笑)

簡単に済むだろうと思っていた婚姻届提出に、こんなにハラハラさせられるとは。ある意味、とっても思い出に残る入籍となりました(笑)
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。