Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になってます!「ポルトガルの美味しい食卓から」

2011.03.08
日曜日の夕ご飯は、大好きなお料理ブログ「ポルトガルの美味しい食卓から」から作りました!

こちらのブログは、ポルトガル人のパートナーを持つ方達が運営されており、ポルトガルの食について紹介されているのです!
しかも、手軽に作れるポルトガル料理~本格的なものまで幅広く掲載されており、私のような手抜き主婦でも作れるレシピもあるんです。(笑)

ポルトガルの味がお家で作れるというのは、旦那にとっても嬉しいことでしょうし、食に対して見境のない自分にとってももちろん嬉しいです。(ハイエナ!?)

今日は、ずっと作ろうと思っていたポルトガル小町さんのレシピ「ひよこ豆と肉3種のトマト煮込み」に挑戦しました!

まずびっくりするのは3種類のお肉を投入しても良いこと!
「1度に2度美味しい!」を飛び越えて「3度美味しい!!!」でございますよ。(笑)
本当にポルトガルらしいお料理です。

今回は鶏肉と豚肉のみにしました。
お豆はひよこ豆以外にも、冷蔵庫に余っていた豆もがつがつ投入し、パプリカも加えました。
我が家には、チョリソーがなかったので代わりに南アフリカのジャーキーを投入してみました。
このジャーキーについては、また後日記事にしたいと思います!

出来上がったお料理はもう最高でした☆

08032011-1
ど~んとお鍋ごとテーブルへ。(苦笑)

作ったお料理はお鍋ごと、テーブルへ直行することが多い我が家の食卓。。。。
お鍋の周りとか汚らしくてごめんなさい。(泣)

2種類のお肉のソースが絡み合ってこの濃厚な味になるのだと思いますが、トマトとお豆との相性も抜群!
そして何よりご飯もワインも進む、進む♪

これは、また絶対にリピートします!今度は忠実に3種類のお肉を投入してみようと思います。

これからも美味しいポルトガル料理レシピを楽しみにしております!
ポルトガル料理ばんざ~い☆
スポンサーサイト

ポルトガル料理レストラン A TOCA

2011.03.02
昨年末のことになりますが、ずっと気になっていたロンドンのポルトガル料理レストランに行ってきました。

旦那の弟カップルも友人(ポルトガル人)から、このレストランは本格的なポルトガル料理が食べられるからと聞いて教えてもらっていたようです。
ことあるごとに「ポルトガル料理が食べたい!」と騒いでいた姉を連れ出してくれました。(苦笑)

「A TOCA」
343 Wandsworth Road SW8 2JH
TEL 020 7627 2919

Stockwell駅から15分位歩いた、場所は少し不便なところにあります。
今回店内の写真を撮りませんでしたが、とてもアットホームな雰囲気で1階と2階席がありました。
そして、辺りを見渡すとポルトガル人の多いこと、多いこと!
注文は英語を話す必要はなし!
みんなポルトガルで注文していました。。。。

私はやっぱりビールからスタート♪

02032011-1
大好きな「SAGRES」

そしてパンを食べながら、オーダーを待ちます。

02032011-7

いつもここでうっかり食べ過ぎてしまうので注意が必要なんですが、一緒についてくるサルディーンなどのパテが美味しいので、止まらないのであります。。。。

メインが来る前に、大好きな前菜もオーダー!

02032011-2
Pateis de bacalhau(パステイシュ ドゥ バカリャウ)、塩鱈のコロッケです♪

Pateis de bacalhauはポルトガル料理の中で、特にお気に入り。
これは熱々も美味しいですが、冷めてからも味がしみて美味しいんです!
Bacalhauとポテトの配合で味が決まりますが、個人的にはもっとBacalhauが大目の方が好きかなぁ。。。。

もちろんBacalhauの方がポテトより高いので、ポテトをたくさん入れる方が経済的にコロッケを作れるわけです。
私もたま~にBacalhau料理を作るのですが、Bacalhauをふんだんに使って作る傾向があります。(たまには贅沢にね!)
普段はケチケチ主婦ですが、Bacalhauが大好きなのでポテトの量を減らしてBacalhauwを入れたいという欲求が出てきてしまうんですねぇ。(笑)
もし、Pateis de bacalhauの興味のある方は、こちらからレシピをどうぞ!

それでは、メインはこちら!

02032011-3
02032011-4
02032011-5
02032011-6

この日は全員、シーフードを選択!
私、旦那の弟カップルはBacalhau料理、旦那は右上のスペシャルのリゾット。中身は何だか忘れました。あんこうだったかな!?
ポルトガルではあんこうのリゾットはどこのレストランでもあるようです。
あんこうって日本ではそんなに一般的に食べませんよね!?
ちなみにあんこうはポルトガル語で「tamboil(タンボリル)」でございます。

しかし、こうしてBacalhau料理を並べてみると、やっぱりポテトの主張多すぎ!(笑)
左下のお料理は「Bacalhau à Brás(バカリャウ ア ブラシュ)」で、細切りのポテトチップがBacalhauと卵でとられているという、ハイカロリー食でございますが、これが上手いんですよ~♪

残りのお料理の名前は忘れましたが、左上の私オーダーのBacalhauのボイルは優しいお味です。これこそ塩抜きが重要になるお料理ですね!
本当にシンプルですが、時にはこういう魚だけを食べる料理が日本人には嬉しくもあります。

量は大目ではありますが、UKサイズの胃袋に慣れている方には普通に平らげられる量でございます。(笑)
食べきれない分は、お持ち帰りが出来ますので気軽にスタッフに頼めるのも嬉しいところです!

このエリアはポルトガル人街で、Bacalhauも手に入るそうです!冷凍ですが、タコ・イカの類も!(ロンドンでは普通にスーパーで手に入らないのですよ。。。。)
ポルトガル食材を手に入れるためにも、開拓しに行かなければ!

お値段も一人£20の予算で十分堪能出来るリーズナブルな感じですし、ポルトガル料理を試してみたい方にはぜひお薦めです♪
ポルトガル雰囲気のプンプンするこちらのレストラン、また絶対に行きたいと思います☆

Porto名物 Francesinha!

2011.02.23
先週末にポルトガル料理を作りました!

といってもポルトガル全土で食べられている料理ではなく、旦那の実家近くPorto(ポルト)の名物料理のFrancesinha(フランセジーニャ)です。
人生で初めて食べたポルトガル料理(しかも旦那が料理)でもあります。

位置付けとしては、マクドナルドのようなジャンクフード!?です。
ボリュームありますよ~。
ジャンクだからこそ、時折がっつり食べたくなる味。(苦笑)

旦那が友達のお母さんからのレシピをまだ持っていたので、作ってみました♪

簡単&材料も日本で手に入りますので、レシピを書き留めておきます。

Francesinha(フランセジーニャ)ソース


23022011-423022011-2
レストラン
手作り。おやっ、全く別物!?

・たまねぎ 2個(みじん切り)
・にんにく 2かけ(みじん切り)
A
・トマトピューレ 大さじ2~3(トマトの風味を活かしたければもっと多めに)
・コンソメキューブ 1個
・ビール ※1
・ブランデー or ワイン 50cc位
・ローレル 1枚
・チリパウダー お好み
・塩 お好み

・小麦粉 大さじ1(水に溶く)

※レシピによるとビール1となっており、どんな量!?という感じでよね。(笑)
私は300cc位入れました。ビールを沢山入れると、苦味がきつくなるのでそこは調整してみて下さいませ。

1. 鍋にオリーブオイルを適量入れ、みじん切りしたたまねぎ・にんにくを弱火できつね色になるまで炒める。
2. Aを1.に入れて、中火で蓋をして30分位煮る。
3. 少量の水で溶いた小麦粉を加え、さらに3分程クリーミーになるまで煮る。

ステーキ・ハム・ソーセージなどを食パンに挟んだものの上にスライスチーズを載せ、その上から作ったソースをかけたものが、Francesinhaでございます!

写真を比較しても分かるとおり、お店のものはたまねぎの姿は見当たりません。
私が作ったものは、ブレンダー等でソースを滑らかにはしていませんが、2.でAの材料を入れた時点でブレンダーでがっーとやってしまうのも良いかもしれません。(要するに自分の作った物は、Francesinhaもどき!?)
個人的には、たまねぎの触感が残っているもどきも好きであります。(笑)

他にもレシピを検索してみると、牛乳やバターが入っているものもあります。
ビールとチリパウダーがたっぷり入った苦味&スパイスのダブルパンチが好きなのですが、ビール・ワイン・牛乳を同量位で入れるとまろやかな味になるかもしれないですね。

スーパーで買い物する時に、チーズ・中に挟む肉の選択は旦那に任せました。

チーズはスライスチーズを選択し、なぜか2パック購入。
「そんなに必要か!?」と疑問でありましたが、ソースをかける段階で多めに購入していた旦那の意図が解けました。

1セットにこれだけ必要でした。。。。

23022011-3
4枚で被せます。。。。

1枚100Kcal程度が4枚です。こりゃあ、ダブルチーズバーガーもびっくりのチーズのボリューム。(驚)
このように並べた4枚の上に、熱いソースをかけてとろけさせ、チーズの囲いを作るという感じですね。。。。
どうりでレストランでもパンを囲むようにチーズが被さっていたわけです。

旦那はチーズが大好物。
それに反してお母さんは大の乳製品嫌い。

人間って不思議ですねぇ。。。。
まぁ、家庭で食べれなかった反動というのもあるのでしょうね。(苦笑)

今は自由に食べれるからといって、食べすぎには気をつけてもらいたいものです。

私は4枚のチーズは怖気づきましたので、1枚で。
この違いが分かりますでしょうか!?(笑)

23022011-1
我が家は床に座って食べるちゃぶ台スタイル。

テーブルセッティングも何も無しのお粗末なテーブルをお見せしてすみません。。。。
ソファにあわせたローテーブルを、私はちゃぶ台のように使っています。
いつかはきちんとしたちゃぶ台で御飯が食べたいと願っておりますが、旦那にとってはテーブル&椅子の方が楽なので却下されるだろうな。。。。
私の小さな夢として取って置きます!

私はやっぱり日本人なので、この後米が食べたくなり米とソースで一緒に食べました。夫婦でカロリーとりすぎですわ。(苦笑)

Francesinhaはビールを使ったソースなので、分量外の残ったビールを飲みながら料理が出来るのが楽しみでもあります。(ぐふふ)
酔っ払いの料理レポートでした!
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。