Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル初滞在5 Porto観光

2009.12.15
今年のクリスマス・年末もビザがゲット出来たことにより、ポルトガルへ行けることになりました!
かなり更新を放置しましたが、今年またポルトガルへ行く前に、昨年12月末のPorto(ポルト)観光について記載したいと思います。

まず、Portoの町並み。

15122009-20
15122009-22
15122009-24
15122009-25
15122009-26
15122009-21
15122009-2

Portoは世界遺産に登録されている美しい街です。
6年位前にイタリアに行ってから、ヨーロッパに長いこと旅行していなかったので、今回のPortoの景色は久しぶりに見るヨーロッパの美しい町並み!古い建物がたくさん残る石畳の通りを歩いているだけで、とっても楽しい気分になりました。

そして、路面電車を発見!

15122009-1915122009-23

日本にも広島にあるんでしたっけ!?可愛い色合いの路面電車で、ポルトの町並みをマッチしていました。
この時は乗りませんでしたが、今回の滞在では観光客丸出しで乗りたいと思います。(笑)

Portoの教会。

15122009-715122009-9

教会の外壁が総タイルで作られています。とても迫力がありました。

こちらは駅です。
駅にも教会と似た雰囲気のタイル画がありました。

15122009-1115122009-10

ポルトガル滞在中に、よくみかけたのがこの雰囲気のタイルの絵。宗教や歴史にちなんだ絵が青と白でタイル画として仕上がっているところが粋ですね。
古い家の多くは、外壁が個性的なパターンのタイルで覆われていたりして、それが街の雰囲気をより素敵なものにしていました。もし、将来家が作れたら(あくまで仮定)ポルトガルのタイルの文化、今後どこかに取り入れたいです!

そして、こちらは本屋さんです。

15122009-415122009-5

こちらの本屋さん、入ってみえる階段にしろ2階から見える景色にしろイケてる本屋さんでした。
印象的だった天井のステンドグラス。

15122009-6

思わず本が買いたくなる!そんな雰囲気の良い本屋さんです。そして、ポルトガル気分にばっちり浸った私。(笑)
こちらの本を旦那よりプレゼントしてもらいました。

15122009-27
15122009-28
15122009-29

ポルトガル料理の本です!ポルトガル料理のおいしさに感動し、思わず「作ってみたい!」と言って買って頂きましたが、まだ作ったことがありません。(苦笑)怠慢です。。。。
しかし、旦那のお母さんが作るポルトガル料理が最高なので、旦那もあえて作ってくれとは言わないのが分かります。
今回の滞在も何より楽しみなのが、ポルトガルの料理!今回は、少しは作り方を盗んで帰ってきたいと思います。
お母さん、よろしくお願いします。

PortoはDouro川(ドウロ川、黄金の川という意味だそうです。)沿いに位置します。
Douro川の反対側の街はGaia(ガイア)で、Gaia側からはPortoの美しい世界遺産の街並みを見ることが出来ます。
Portoに行ったら絶対に橋を渡って、Gaia側からの景色を楽しむべきです!!
このGaiaはたくさんのPorto wine(ポルトワイン)のワイナリーがあります。Porto wineはDouro川の上流で作られ、船で運ばれたそうです。

Porto観光で絶対に行きたかった所→ワイナリー見学!!(笑)

ということで「TAYLOR'S]というワイナリーに行ってきました。
ワイナリーは高台にあるようで、とりあえず坂を登って、見学の申込。
見学が始まるまでの間は、Porto wineが振舞われ飲みながら待ちました。最高でした♪
写真はあまり撮らなかったのですが、ワイナリーの様子。

15122009-1815122009-17

英語の説明で聞きましたが、全くもって分からず。。。。今回は残念ですが、雰囲気だけを味わったということで。(苦笑)また、違うワイナリーも見学したいです、きちんと理解する為に!

そして、このワイナリーから見えたPortoの景色!

15122009-15

夕暮れ少し前の景色です。
日本とは全く異なる建物・景色に終始感動していた私。「わぁ~!おぉ~!」などひたすら感嘆の声を出していて、それがポルトガル語にも英語にもないようで、弟カップルにとっては面白かったようです。
そんなこと言ってもいきなりポルトガル語で驚けないですからね~(笑)

ワイナリーを出てからは、Porto側に戻って川沿いで売っていた焼き栗を食べたのを覚えています。
イタリアでもあったなぁ、焼き栗。そういえば、天津甘栗もいいですよね~!(ふと思い出しました。)

本当に素敵な街Porto、楽しい観光でした!!
スポンサーサイト

ポルトガル初滞在4 ポルトガルの料理

2009.10.16
今回は、昨年12月末のポルトガル初滞在時に食べた料理を記載したいと思います。

ポルトガルで食べた料理のほとんどが家族&親戚の手作り!外食したのは、数回しかなかったと思います。
どの料理もとてもおいしくて、毎回満腹になるまで食べていました。(笑)

お肉を使った料理はもちろん多いですが、魚を使った料理もたくさんあります。

一番代表的なものは、塩漬けの干し鱈をつかった料理。Bacalhau(バカリャウ)といいます。
日本にいた時から、このBacalhauを使った料理は食べたことがあって、とっても美味しかったので覚えていました。「名前にバカがついている魚」ということでインパクトがあり、記憶に残る単語でございました。(笑)
塩漬けの鱈を水で戻して塩抜きして料理をします。本当にたくさんの料理法があるようです。
きっとどの料理法でもおいしいだろうなって思ってます♪

それでは、写真にとったポルトガルで食べた料理です。

クリスマスイブに必ず食べる伝統的な料理で、Bacalhauを使った料理です。

16102009-2
Bacalhau最高です♪

これを食べたのは、旦那のおばあちゃんの家で、総勢10名が集まってのお食事でした。
毎回クリスマスには大鍋で大量に作り、翌日にもこの料理の余りに少し手を加えて頂くのが習慣のようです。


クリスマスに頂くのがこちら。クリスマスイブに作ったものにパンを加えます。
鱈&パンの組み合わせ想像出来ますか!?

16102009-1
見た目が悪いですが、意外と美味しいです♪

旦那&弟はこれをあまり好きではないようで、その為に肉も用意されていました。(苦笑)
しかし、私は断然肉よりこちらの方が気に入りましたので、ここぞとばかりにひたすら食べてました(笑)
パンを加えると聞いて、パンそのまま入れたらまずそうだなぁと思ったのですが、パンをそのまま入れるのではなく、パン粉のようにしてから使うようです。そりゃあそうですよね、考えが浅はかでした。。。。それでもこんな食べ方があるとは思わなかったのと、パンが鱈&ジャガイモと合うとは思いませんでした!


次にデザートです♪
  
16102009-316102009-4
すごい量のデザートです!
これが本場のカステラです♪

とにかく、デザートはあま~いです。。。。砂糖をどれ位入れているかはあえて聞きたくないって感じです。(苦笑)
それでも、旦那の家族&親戚はバターをケーキ等に使うのが嫌いなようで、バターなしのケーキなので、少し体にはいいかもしれません。
各家族がそれぞれ数個作って持ち込んでいました。
今まで見たことがなかったのが、写真左、真中。そうめんのような麺に、シナモンがふりかけられています。
コレに関しては、唯一自分の中で「イマイチ」でございました。。。。麺のイメージから離れることが出来ず、そして想像以上に甘かったです。ライスプリンは食べれるんですけどねぇ。。。。
それ以外は、甘いけれどもとっても美味しかったです♪毎回2人前はきっちり頂いていました。(笑)

そして、写真右は日本でもおなじみのカステラでございます♪
Pao-de-lo(パオン ドゥ ロー)といい、名前が異なります。日本のカステラは長方形ですが、ポルトガルのものは、シフォンケーキのような型で作るのが主流のようです。とっても美味しいです!!
日本のカステラはしっとり、ポルトガルのカステラはもっとふんわりしている印象をうけました。


その他お母さんの手作り料理&お気に入りのパン♪
  
16102009-516102009-6
左下の付け合せはキャベツ&パン。美味しい♪
付け合せの豆は何度もお代わりしました♪

  
16102009-716102009-8
チキンのグリル。男性陣大喜びのメニュー(笑)
たくさんあるパンの中で一番のお気に入り!

とりあえずお母さんの手作り料理がとても美味しい♪
数回しか外食をしなかったのはうなずけます。
肉料理はもちろんおいしいのですが、私はにつけ合わせもとっても気に入りました!(キャベツ&パン、豆等々)
そして、たくさんある中で一番好きだったのが、写真のパン!下手すれば歯が負けるのでは!?という位外側がえら~く堅いのですが、内側がしっとりです。そして外側の堅さも慣れれば意外と平気で、外側も残さずきちんと頂いていました!
ポルトガルでの食事において、パンはあくまでサブですが、私が「おいしい!おいしい!」と毎回騒いでいたので、お母さんは毎回2人前近くのパンを自分の席には置いてくれました。(笑)


次は、唯一旦那と二人で行った実家近くの海沿いのレストランで!
  
16102009-910092009-10
前菜!数種類のコロッケ&パン
リゾットor洋風雑炊という感じです。

前菜は、勝手にテーブルに運ばれてくるのですが、食べなければ料金は請求されないそうです。
しかし、それを知らなかった私はパクパクばっちり食べました。(笑)でも、始めてだったので食べてよかったなぁと思いました。エビもコロッケのようなものも美味しい♪
前菜とパンでも結構満たされてしまったのですが、食べたかったのはこの鍋!
たしか、シーフードで注文したと思います。トマトベースのスープにライスが入っています。スープリゾットのような感じです。これは量が3人前はあったので、二人で満腹になるまで食べました。

ポルトガルの料理は、とにかく美味しいで~す♪
イタリア料理が好きな日本人だったら、絶対にポルトガル料理は好きだと思います。もっと料理としてはシンプルだと思いますし、肉料理だけでなく魚料理(特にBacalhau)が多いです!

写真がないのですが、私が個人的にBacalhauの料理の中で一番好きなのは、Pateis de bacalhau(パステイシュ ドゥ バカリャウ)です。Bacalhauのコロッケで、食べだしたら本当に止まりません。(笑)
温かいものはもちろん、冷めてもこれまた美味しいです!冷めたものをパンにはさんで食べるBacalhauコロッケサンドは最高です♪

そういえば、私が「ポルトガル料理を作りたい!」と言って買ってもらったポルトガル料理の本があることを思い出しました。。。。

「ポルトガル料理食べたいなぁ。作ってみようかな~。」と時々思いながらも、結局作らない私であります。(苦笑)

ポルトガル初滞在3 ポルトガルのクリスマス&年越し 

2009.09.23
昨年のポルトガル初滞在。今回はクリスマス&年越しのことを記載したいと思います。

ヨーロッパの国でクリスマスは特別なもの。それはポルトガルも変わりません。

旦那は日本に滞在しなければならなかったクリスマスを除いて、クリスマスはずっと家族・親戚と過ごしていたようです。
付き合っていた時にも、クリスマスは家族と過ごし、年末に日本に戻ってきたことがありました。
もちろん、家族は大事なので一緒にクリスマスも年越しも過ごすべきと思ったのですが、年越しにはクリスマスほどの重きを置いていないようです。
日本はどちらかというと年越し&お正月は大事であると思うので、文化の違いを少し感じました。

そんな特別イベントのクリスマス!私、本当に楽しみにしておりました♪

ポルトガルのお料理に関しては、また後日記載したいと思いますが、このケーキは今回アップします。
どちらのお宅に伺っても、カフェでもスーパーでも必ずあったクリスマスの為のケーキ!

23092009-1
Bolo-Rei(ボーロレイ) 彩り鮮やかです。

とにかく、どこのお宅でもありました。そして、たくさん頂きましたが味に関しての記憶はあまりないので、特別美味しいと感じなかったのだと思います。
でも、鮮やかな彩りがクリスマスって感じですよね!?

そして、ツリー!これもまたどちらのお宅にもありました!

23092009-2

クリスマスツリー!どこの家にもありました。
これは旦那の従兄弟Rの家のツリー。
飾り付けされているオーナメントの中には、Rの手づくりも含まれています♪

こちら↓↓↓
23092009-3
猫が大好きなR!猫のオーナメントです。
とっても可愛いです♪

そんな猫好きなRからクリスマスプレゼントにもらったのはこちら!
(ちなみに私も大の猫好きでございます♪)

23092009-11
ど~ん!何でしょうか!?

↓↓↓

23092009-12
ドアハンドルにかける飾りです♪

リビングに入るドアのところにかけております。
毎日、黒ちゃんに癒されちゃってます!
パターンを教えてもらいたい。(お裁縫苦手ですので、作れるかは微妙です。。。。)
R!素敵なプレゼントをありがとう♪

そして、色々なお宅のクリスマスデコレーション!

23092009-423092009-523092009-7

23092009-623092009-8
23092009-923092009-10
左下→ツリーの下にあったキリストに関する飾り。 右下→これもキリストに関する飾り。

写真が上手く撮れなかったものが多く(これらもまた)、分かりずらいですがご了承下さいませ。
まぁ、どこにいってもクリスマス一色でございました。

クリスマスイブ&クリスマスはどちらもお母さん方の親戚で、おばあちゃんの家に集まってのお食事でした。(24日夕食。25日昼食→おやつタイム→夕食)
クリスマスイブはプレゼントが、ツリーの下に子供達に向けておかれていました。(子供達=旦那・弟・従兄弟・私もちゃっかり)

サンタさんからのプレゼントをもらう為に靴下を用意!したことは私は残念ながらないのですが、子供の頃だったらこういうシチュエーションは嬉しいんだろうなって思いました♪
いい大人ですが、初めてもらうサンタさんからのプレゼント気分は楽しかったです!

私もここぞとばかりに用意したプレゼントをお渡ししました!(用意したプレゼントはこちら
皆さんとりあえず喜んでくれたので安心しました!
新たな今年のクリスマスプレゼントへの不安はありますけれど。。。。

家族&親戚と過ごすはじめての機会でしたが、何にせよ言葉が分からない。(泣)
ヨーロッパに上陸したら、日本語はなるべく使わず英語で会話を試みようという気持ちでいたのですが、この場は英語もほとんど使えず&分からず、旦那に日本語で通訳をしてもらう次第でありました。(苦笑)

はじめてのクリスマスは、日本の商売イベントと異なり、家族のつながりや伝統を重んじる生活に密着したものなんだなぁということを感じました。

次に、年越しに関して。

年越しは、旦那の大学時代の友人が夫婦で別荘に招待してくれました。
そこには私の除いて全てポルトガル人10名強が終結しました。

夕食は、ホストの友人達が作ってくれ、ちょうどいい量でしたが、みんな、たくさんのデザートを持ち込んでしまった為、すさまじい量を最終的には食べきれませんでした。。。。(それでも、ここぞとばかりにはちきれるほど食べました!)

半分は海外生活経験者で、英語が流暢だったので英語で話してくれたりもしましたが、なかなか思うように言葉が返せませんでした。(泣)
結果的にはポルトガル語での会話で、最終的にはカラオケを持ち込んだ人がいたので、カラオケ大会になりました。(笑)
とはいえ、ポルトガル語の曲メインですので、全くもって分からず。。。。分かったとしても、何が流行っていたかなんて知りませんから、確実に私だけ盛り上がれずの状態になっておりました。(苦笑)

それでも、とても印象に残っているのが生まれてはじめての外国語でのカウントダウン!
そして、英語ではなくポルトガル語!

数は何となく覚えてはいたのですが、逆から言うのって難しいですね。。。。
ということで口が回らず言えませんでしたが、「私、外国にいる!」と実感した瞬間でございました。(笑)

シャンパンで乾杯して、やっぱりカラオケ。。。。
私はあっさり眠りにつきました。(苦笑)

英語の必要性を改めて感じた年越し!
英語勉強のモチベーションにつながりましたが、正直なところは少し疲れたのを覚えています。

ポルトガルでのクリスマス&年越し、楽しい時間でもありましたが、次回はもっと話せる自分になっているようにがんばりたいと思います!!
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。