Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾杯!

2010.10.28
今日は私事ですが、ちょっぴり嬉しいことがありました。

何があったかは今後ご報告出来れば良いなと思っています。

UKに来てから約2年。
日々の生活の中で「これで良いのだろうか!?」と思う不安感を常々感じていたのですが、その気持ちが少し払拭出来たかなぁと感じる日となりました。

自分の中の小さな前進!

日々人生のことで考えてしまうのは性格だと割り切っているので、毎日悩みながらも少しずつ前に進んでいければよいなと思っています。

「何かを飲んで乾杯したい!」そんな気分でしたので、ジムの後いそいそ自分で大好きなこれを購入して帰宅。(笑)

28102010-1
ポルトガルのロゼスパークリングワイン「MATEUS」

UKのスーパーで気軽に手に入るこのワイン。
シュワシュワしたものが飲みたい時には、購入することが多いです。(笑)飲み口が爽やかだし、ポルトガルのものだと思うと何となく手にとってしまいます!

良いことがあった時のお酒は最高~♪(そうでなくても、美味しいですけど・・・・)

今日はちょっとつぶやいてみました。
人生まだまだ!がんばるぞ~♪
スポンサーサイト

ポルトガルSummer2010 1日目

2010.08.02
8/1からポルトガルに来ております!

去年はEEA2のビザ申請中でUKを脱出することが出来ず、ポルトガルには来れませんでした。(UKに滞在するためのビザEEA2、EEA Family Permitの手続きについてはこちら。)

私は8/1~8/8までの1週間、旦那はさらに1週間プラスの2週間ほどポルトガルに滞在します。
ポルトガルの夏を本格的に味わうことが出来るのは今回が初めてなので、とっても楽しみにしておりました♪

1日目、ポルトガルに到着した日は旦那の従兄弟Hの誕生日パーティーに参加しました!

パーティーはランチタイムから。空港到着後、すぐに旦那の叔父宅に向かいました。
ポルトガル到着後、早速ポルトガルならではのがっつりなお食事会です!!

まずはこちらで乾杯!

02082010-1

今ではすっかりお酒がのめるようになった旦那も、もともとはアルコールの類は飲まなかったようです。酒好きの私としては、飲めるようになって嬉しい限りです。(笑)
そんな旦那も昔から、この「MARTINI」は飲めたようです。お酒を飲まない旦那の弟もなぜかこれは飲んでいます。
私からすると普通にアルコールを感じる飲み物ですが、なぜこれが飲めて他の物が飲めないのか不思議でもあります。
いつもはボトルから注いで飲んでいたのですが、これはミニサイズで一人分飲み切りタイプ。可愛らしいボトルですよね!お土産に買っていこっと。

まずはメインの前に軽くおつまみタイム!

02082010-2
ちっとも軽そうなテーブルではありませんが。(笑)

私の大好きなグリーンワイン、「Vinho Verde(ヴィーニョ ヴェルドゥ)」と一緒に頂きます!!

02082010-4

このワインと、前菜だけで十分宴が繰り広げられる量です。というか、私これだけで延々とお酒が飲めますわ。(笑)

お酒のつまみに最高な前菜の内容は・・・・

02082010-3
えび、えび、えびです!大好物♪

02082010-5
コロッケのような感じです。

旦那も大好きなのか、ここぞとばかりに食い倒していました。
残骸はこちら。(笑)

02082010-6
食い過ぎでしょう。。。。


お待ちかねのメイン!!

02082010-7

イカがこんなに食べれることに大興奮!
フィリングはイカの足、パンなどを使ったもの。
日本のイカ飯のアイディアと一緒ですね。ライスをフィリングに使う場合もあるそうです。

付け合せに野菜がたっぷり用意されていたのも嬉しかったです。

02082010-8

基本的には草食の自分には、この野菜が助かります。
緑の部分、これはインゲンなのですがこれまでに見たことのないカット方法で、何より食感が柔らかい!
初めて食べた時は、形&柔らかさからこれがインゲンだとは思えませんでした。

インゲンの下準備のための器具があり、それを使うことで皮を剥きインゲンを写真の感じの縦に裂くことが出来ます。日本でもUKでもこの器具は見たことがありませんでした。
これです。

02082010-1202082010-11

先端のカッターで、インゲンの両端をカットし、このように使います。

02082010-13

インゲンを表から差し込み&押すことでスライスされ、両端のいらないすじの部分が取り除かれます。

02082010-1602082010-14

実家では、インゲンの皮をそのまま食べていたので、皮がない柔らかい触感のインゲンに新鮮さを感じています。
旦那の親戚でも育てているようで、大量のインゲンです!身と皮と分けて行きます。
台所仕事のお手伝いもしたいのですが、「じょみーは座っていなさい!」といつもただ、人形のように座って料理が出来上がるのを待つのみ。。。。何とも不甲斐ない。(苦笑)
でも、これだったらお手伝い出来そうです。

食事の後は、誕生日ケーキを囲んでポルトガル語のHappy Birthdayを歌ってEを祝福。

02082010-9

この他にもたくさんのケーキが並び、それらを少しずつ試してそれはそれは満腹。。。。
家族・親戚が作るケーキには一切バターが含まれません。ポルトガルを代表するカステラ、「Pao-de-lo(パオン ドゥ ロー)」もそうです。
私もバターは好んで使いたいとは思わないので、しっとりなバウンドケーキよりはふわふわした触感のポルトガルのケーキのスポンジの方が好きではあります。とはいえ、砂糖と卵の量は半端じゃないのでヘルシーかどうかは別の話です。(苦笑)

本日も、素晴らしいお食事をどうもありがとうございました!

この日は、夕方にEsphino(イシピーニョ)の海岸沿いを1時間ほどウォーキングしました。
ポルトガルで少しでも運動が出来るのは、嬉しいことです。(いつも以上に食べていますしね。)
何より素晴らしい景色なので、歩きながら心も癒されます。

2日目は海へ繰り出しましたので、Esphinoのビーチの様子をご報告します!

ベジタリアンな週末

2010.06.13
この週末は、久しぶりにUKで過ごす週末でございました。

週末は必ずと行って良いほど、ジム&パブに行きます!
なぜなら食べると分かっているから。

そして、パブに行く理由はいつもどおり。(笑) → 「ジムの後のビールは最高だから♪」

ジムを出た後に見える景色。
Tower Bridge&ジムの近くに最近出没したぞうさん達。

13062010-1
13062010-3


週末の習慣であるジム&パブ以外では、土曜日は旦那の上司宅に招かれ、みんなでワールドカップのEngland vs USの試合観戦をしました!

最近、めっきりサッカー熱が冷めてしまったのですが、日韓ワールドカップの時は毎試合見ていた程、サッカーにお熱だった自分をふと思い出し、どうしてまたこうも興味がなくなってしまったのか不思議でもあります。

そういえば、どうしてもサッカーと言いたくなってしまうのですが、サッカーという人は殆どいないですね。。。。

語学学校に通っていた時、先生の1人が「Chelsea」の大ファンでした。
サッカーと口にした瞬間・・・・ぴしゃりと「Football(フットボール)」に訂正されました。。。。

「フットボール」と言わないと、通じないのか!?という気さえしたのを覚えています。

そんな「フットボール」の観戦ですが、上司達はもちろんEnglandの応援、そしてロンドン滞在中のZはアメリカ人ですので、USの応援。

そして、私達夫婦はの応援チームは・・・・

England!!!

だって、USって野球の国って感じがしませんか!?
フットボールに対する情熱なさそうという勝手な偏見で、Englandの応援でございました。

とはいえ、知っている選手は殆どいませんでしたけど。。。。


そんな試合の結果は、1-1の引き分け。。。。

Englandのゴールキーパーの痛恨のキャッチミス。
あれは痛かった。。。。コメントも相当ひどかったですしね。「horrible mistake」とか。(苦笑)

試合は不完全燃焼な盛り上がりとなりましたが、この日も上司達の作って下さったディナーは美味しかった!

今日はアメリカ人のZがベジタリアンということで、お肉・魚抜きの食事。
ビーガンベジタリアンではない為、卵・チーズ・牛乳などは使われておりました。

私も最近では、外食以外ではあまり肉・魚を食べないのでベジタリアンメニューは大好き!
それに、なるべく卵や乳製品は取り過ぎないように努力しています。
美味しいし、好きな食材ですが意識して摂取しないと、食べ過ぎてカロリー過多になってしまうのが自分で分かっているからです。(苦笑)

ロンドンではベジタリアンメニューがほとんどのレストランに用意されていると思います。
それに、ベジタリアンレストランも結構あると思います。

もし、興味のある方はこれまでに行ったベジタリアンレストランです!(ビーガンではありません。)こちら

ブログをご覧の方で、他にもおすすめなベジタリアンレストランがあったら教えて頂けたら嬉しいです♪

この日のメニュー、写真におさめたかったのですが運悪く充電切れ。。。。

特にAubergine(大きめなナス)のローストとフレッシュバジルのドレッシング和えはシンプルな食材ですが、とっても美味しかった~!
これは真似して作ってみたい♪

特にUKのスーパーでは生・ドライに限らずハーブの類はお手頃プライスで手に入るので、そんな良い食材を利用しない手はないですよね!

素敵なベジタリアン料理を満喫して、帰宅。
いつものように漠睡。。。。。

日曜日もダルダルと過ごしてしまい、街へ繰り出すこともせずジム以外は引き篭もり。(苦笑)

夕ご飯は冷蔵庫にあったカリフラワーを見て、作ってみたかったレシピに決めました!

それにこれが飲みたかったし♪

13062010-4
「Vinho Verde(ヴィーニョ ヴェルドゥ)」です!

ポルトガルへ行くと毎日飲んでいるこのグリーンワイン!微発砲・そして飲みやすいので、水のように飲めるワインです!!
このグリーンワインはポルトガルのスーパーで€3以下。お手頃なのが何よりも嬉しい!

このグリーンワインに似たポルトガルのワインで、UKのスーパーでも気軽に手に入るのが「MATEUS」。こちらはロゼですが、微発泡で飲みやすいです。

UKのお住まいの方、ぜひお試し下さいませ!
それにしてもグリーンワインの方も、UKにもっともっと輸出してもらって、気軽に飲めるようになりたいものです。

カリフラワーの作ってみたかったレシピは、大好きなモモグラモさんのブログから「カリフラワーチーズ」!!

出来上がりの時には腹ペコな私達。
写真を撮る余裕はありませんでした。(笑)

モモグラモさん、素敵なレシピに感謝です!
野菜を美味しく頂きました♪

と、ここで気が付きましたがこの週末は肉・魚をまったく口にしませんでした。。。。
私にとっては嬉しいことですが、この家のポルトガル人は大丈夫なのか!?

一応、口では「大丈夫。」という言葉を聞きましたが。。。。

そういえば、お友達から聞いて妙に納得した話があります。

野菜を好む人やベジタリアンは性格が穏やかになると聞きました。
そして、肉好きな人はどちらかと粘っこい性格であると。。。。

これは、悪い意味で言えばしつこいとか、暑苦しいとかなんでしょうが、ビジネスの世界で勝ち抜くには競争心がなければいけないですし、男性がまったく肉を食べないのはそういう闘争心のようなものが欠如するようです。

要するに草食動物と肉食動物の違いという感じでしょうか!?(ライオンに食べられてしまうシマウマ達みたいな。)

ということで、
「サバイバル社会を生き抜くためにも肉を食べてもらわねば!」

自分は野菜過多になろうとも、旦那にはバランスよく食べてもらいたいなぁと思う今日この頃です。
矛盾だらけの考えです。(苦笑)
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。