Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になってます!「ポルトガルの美味しい食卓から」

2011.03.08
日曜日の夕ご飯は、大好きなお料理ブログ「ポルトガルの美味しい食卓から」から作りました!

こちらのブログは、ポルトガル人のパートナーを持つ方達が運営されており、ポルトガルの食について紹介されているのです!
しかも、手軽に作れるポルトガル料理~本格的なものまで幅広く掲載されており、私のような手抜き主婦でも作れるレシピもあるんです。(笑)

ポルトガルの味がお家で作れるというのは、旦那にとっても嬉しいことでしょうし、食に対して見境のない自分にとってももちろん嬉しいです。(ハイエナ!?)

今日は、ずっと作ろうと思っていたポルトガル小町さんのレシピ「ひよこ豆と肉3種のトマト煮込み」に挑戦しました!

まずびっくりするのは3種類のお肉を投入しても良いこと!
「1度に2度美味しい!」を飛び越えて「3度美味しい!!!」でございますよ。(笑)
本当にポルトガルらしいお料理です。

今回は鶏肉と豚肉のみにしました。
お豆はひよこ豆以外にも、冷蔵庫に余っていた豆もがつがつ投入し、パプリカも加えました。
我が家には、チョリソーがなかったので代わりに南アフリカのジャーキーを投入してみました。
このジャーキーについては、また後日記事にしたいと思います!

出来上がったお料理はもう最高でした☆

08032011-1
ど~んとお鍋ごとテーブルへ。(苦笑)

作ったお料理はお鍋ごと、テーブルへ直行することが多い我が家の食卓。。。。
お鍋の周りとか汚らしくてごめんなさい。(泣)

2種類のお肉のソースが絡み合ってこの濃厚な味になるのだと思いますが、トマトとお豆との相性も抜群!
そして何よりご飯もワインも進む、進む♪

これは、また絶対にリピートします!今度は忠実に3種類のお肉を投入してみようと思います。

これからも美味しいポルトガル料理レシピを楽しみにしております!
ポルトガル料理ばんざ~い☆
スポンサーサイト

ポルトガル料理レストラン A TOCA

2011.03.02
昨年末のことになりますが、ずっと気になっていたロンドンのポルトガル料理レストランに行ってきました。

旦那の弟カップルも友人(ポルトガル人)から、このレストランは本格的なポルトガル料理が食べられるからと聞いて教えてもらっていたようです。
ことあるごとに「ポルトガル料理が食べたい!」と騒いでいた姉を連れ出してくれました。(苦笑)

「A TOCA」
343 Wandsworth Road SW8 2JH
TEL 020 7627 2919

Stockwell駅から15分位歩いた、場所は少し不便なところにあります。
今回店内の写真を撮りませんでしたが、とてもアットホームな雰囲気で1階と2階席がありました。
そして、辺りを見渡すとポルトガル人の多いこと、多いこと!
注文は英語を話す必要はなし!
みんなポルトガルで注文していました。。。。

私はやっぱりビールからスタート♪

02032011-1
大好きな「SAGRES」

そしてパンを食べながら、オーダーを待ちます。

02032011-7

いつもここでうっかり食べ過ぎてしまうので注意が必要なんですが、一緒についてくるサルディーンなどのパテが美味しいので、止まらないのであります。。。。

メインが来る前に、大好きな前菜もオーダー!

02032011-2
Pateis de bacalhau(パステイシュ ドゥ バカリャウ)、塩鱈のコロッケです♪

Pateis de bacalhauはポルトガル料理の中で、特にお気に入り。
これは熱々も美味しいですが、冷めてからも味がしみて美味しいんです!
Bacalhauとポテトの配合で味が決まりますが、個人的にはもっとBacalhauが大目の方が好きかなぁ。。。。

もちろんBacalhauの方がポテトより高いので、ポテトをたくさん入れる方が経済的にコロッケを作れるわけです。
私もたま~にBacalhau料理を作るのですが、Bacalhauをふんだんに使って作る傾向があります。(たまには贅沢にね!)
普段はケチケチ主婦ですが、Bacalhauが大好きなのでポテトの量を減らしてBacalhauwを入れたいという欲求が出てきてしまうんですねぇ。(笑)
もし、Pateis de bacalhauの興味のある方は、こちらからレシピをどうぞ!

それでは、メインはこちら!

02032011-3
02032011-4
02032011-5
02032011-6

この日は全員、シーフードを選択!
私、旦那の弟カップルはBacalhau料理、旦那は右上のスペシャルのリゾット。中身は何だか忘れました。あんこうだったかな!?
ポルトガルではあんこうのリゾットはどこのレストランでもあるようです。
あんこうって日本ではそんなに一般的に食べませんよね!?
ちなみにあんこうはポルトガル語で「tamboil(タンボリル)」でございます。

しかし、こうしてBacalhau料理を並べてみると、やっぱりポテトの主張多すぎ!(笑)
左下のお料理は「Bacalhau à Brás(バカリャウ ア ブラシュ)」で、細切りのポテトチップがBacalhauと卵でとられているという、ハイカロリー食でございますが、これが上手いんですよ~♪

残りのお料理の名前は忘れましたが、左上の私オーダーのBacalhauのボイルは優しいお味です。これこそ塩抜きが重要になるお料理ですね!
本当にシンプルですが、時にはこういう魚だけを食べる料理が日本人には嬉しくもあります。

量は大目ではありますが、UKサイズの胃袋に慣れている方には普通に平らげられる量でございます。(笑)
食べきれない分は、お持ち帰りが出来ますので気軽にスタッフに頼めるのも嬉しいところです!

このエリアはポルトガル人街で、Bacalhauも手に入るそうです!冷凍ですが、タコ・イカの類も!(ロンドンでは普通にスーパーで手に入らないのですよ。。。。)
ポルトガル食材を手に入れるためにも、開拓しに行かなければ!

お値段も一人£20の予算で十分堪能出来るリーズナブルな感じですし、ポルトガル料理を試してみたい方にはぜひお薦めです♪
ポルトガル雰囲気のプンプンするこちらのレストラン、また絶対に行きたいと思います☆

手作りHummus

2011.01.30
日本にいた頃はあまり馴染みのなかった地中海料理。
ロンドンでは地中海料理が食べられるレストランも多いです。

地中海料理には必ず登場する前菜のお供「Hummus(フムス)」はパン・チップス・野菜スティックなどのディップとして最高です!
スーパーでも気軽に手に入り、旦那もよくパンと一緒に購入してHummusをたっぷりつけて食べています。

そんなに好きなら、簡単そうだし家で作った方がスーパーのものよりヘルシーなはず。

好きなものは、カロリーを気にしないのかディップにつける量が半端でないのです。。。。
そうなると旦那の健康面が心配ですしね。(苦笑)

このHummusを作るのに欠かせないのが、こちら。

30012011-1
Tahini(タヒーニ)です!

ゴマペーストでベジタリアン食材として、こちらでは有名なようです。
坦々麺を作る時に必要な中華食材、「芝麻醤(チーマージャン)」の洋風版です。
要するに日本で食材を手に入れるとしたら、芝麻醤で作ればオッケイ♪

それではHummusのレシピを書き留めておきます!
材料さえそろえば、後は基本的にミキサーやブレンダーでがっーとするのみ。(めちゃくちゃ簡単、レシピといえないか。。。。)

・chickpeas か garbanzo beans(ひよこ豆缶) 1缶(約400g)
・chickpeasの缶の水 1/4カップ
・レモン汁 大さじ4~5
・Tahini 大さじ1 1/2
・にんにく 2かけ
・塩 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ2

chickpeas缶の汁を1/4カップ残して水切りし、全ての材料を混ぜてミキサーやブレンダーで全てがまざって滑らかになるまで攪拌。

我が家には、スムージー用のミキサーしかないので威力が足りず滑らかになるまで攪拌出来なず。。。。
ということでchickpeasの豆の触感が残る感じなのですが、それが個人的には好きです!

30012011-2

Hummusと写真の「PITTA(ピタ)」につけて食べると美味しい!

私は最近、セロリを生でバリバリ食べるのが習慣なのですが、Hummusを作った時には旦那にもセロリスティックを出してディップとしてつけて食べさせています。(私はディップなしでもオッケイ!)
旦那にとってはディップがお気に入りなので、セロリなどの野菜も一緒に美味しく食べています。
野菜を摂取させるには良い作戦かもしれません!

自分で作って材料を把握しても、ハイカロリーな体に悪そうなディップでもなさそうなので安心しています。

それから、そろそろブレンダ-位購入しないとなぁ。。。。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。