Second Stage in London

ポルトガル人の旦那とはじめての海外生活
Home

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれStreet The Garrison

2010.09.28
今日は久しぶりに、おしゃれStreet「Bermondsey Street」情報です!

おしゃれStreetにはパブが数件ありますが、今日ご紹介するのはガストロパブとして有名なお店。

「The Garrison」
99-101 Bermondsey Street, London
SE1 3XB
TEL 020 7089 9355
28092010-128092010-2

ガストロパブって何!?って感じですよね。。。。
「歩けばパブにあたる」という位、ロンドンはパブが溢れかえっています。
とはいえ、パブはビールやお酒を飲むところ。食事が美味しいところは少ないです。あっ、でもパブのチップスは大好きです!ビールに良く合いますものね~。(笑)

そんな中、チップスだけでなく(苦笑)お酒を飲みながら美味しいお料理も食べれるパブというのが、ガストロパブと呼ばれるようです。

つい最近まで、このパブもガストロパブとして呼ばれているとは知りませんでした~!
先日、「旦那とガストロパブを体験してみよう!」と意気込んでパブ帰りに、予約なしでふら~っと来店。

が・・・・予約なしでは入れず。(泣)

ガストロパブって人気のようです。。。。
ここには、ビールだけ飲みにいったことはありましたが、確かに奥の方のテーブル席には人がいっぱいで座れなかったので、入り口近くのカウンター席のようなところでカッ~と飲んで、すぐにお店を後にしていました。

おしゃれな雰囲気ではあるのですが、お酒を飲むだけだったら、すぐ目の前にある「The Woolpack」の方が、気軽に飲める感じがあるので、ジム帰りにはそちらによく行っています。

1週間程前に、そんなガストロパブへお酒の友モモグラモさんと一緒に行ってきました!

モモグラモさんがランチを予約しておいてくれました。

ワインのボトルを頼んで、お料理が来るのを待っている間にパンのサービス。

28092010-3

バターを覆っている薄紙がレストランのマークです!こういう細かいところにまで気を配っています。

ワインのお供に、チーズプレートも!

28092010-5

このおっさんのクラッカーが美味しかった~♪
おっさんのアップです。(笑)

28092010-6
何人かしら!?ちょっとデブです。(苦笑)

チーズのプレートなのに、一緒にアプリコットのジャム(ジャムというよりは羊羹の固さです。)みたいなものがサーブされるのがユニークです。
そういえば、ポルトガルの家族が作るジャムもこの感じで、3時のおやつ・お茶の時間にチーズと一緒にサーブされてパンと一緒に食べていました。ポルトガルを思い出すお味でした!

それではメイン!

28092010-4
Garrison steak sandwich, red onion, Portobello mushroom, rocket hand cut chips £10

ステーキが隠れて見えませんね。。。。ポルトガルのそうですが、イギリスもポテトの主張は大きいです。(笑)
お肉ももちろん美味しかったのですが、他の野菜との組み合わせが最高でした!
食べていた時は赤たまねぎではなく、ビートルート(赤カブ)だと思っていましたが、これが甘くて美味しかったです。

肉好きの旦那を差し置いて、野菜好きの自分がステーキサンドイッチなんて食べてしまいましたが、これはお肉が好きな方達におすすめのメニューです♪

流行るお店には理由があるなと感じたこの日の食事。
このパブが、ガストロパブと言われるのは納得です!

どうしても安いアジア料理の方を選びがちですが、たまにはモダンブリティッシュも良いものです♪
モモグラモさん、この日も楽しい時間をありがとうございました!
スポンサーサイト

おしゃれStreet TERRA PLANA

2010.03.20
本日は、おしゃれStreet「Bermondsey Street」の靴屋さんを紹介します。
自分の中の購買欲スイッチが押されてしまったお店です。(笑)

「TERRA PLANA」
124 Bermondsey Street, London SE1 3TX
TEL +44 (0) 20 7407 3758
FAX +44 (0) 20 7357 8565
20032010-1

いつもディスプレイされている靴が、自分好みで好きでした。気にはなっていたけれども、今週まで入ったことがありませんでした。

木曜日に、学校から帰ってきて食べ過ぎた自分を戒める為にも、重い体を引きずってジムに出かけたところ、出会いはありました。
自分の好みのものは不思議と、遠くにあってもたくさんの商品の中に紛れていても目に入ってきてしまう感覚は、経験があると思うのですが、今回がそうでした。

お店の外から発見したブーツに心を奪われ、すぅ~とお店に入ってしまいました。
自分の考えていたファッションとは異なる次元に足を踏み入れるきっかけとなる偏見&戸惑いを取っ払ってくれるデザインのブーツでした。

今更何を言っているんだという位当たり前のことなのに、手を出していなかったファッションがありまして、「パンツをブーツインで履くこと」です。
今や当たり前のファッションで、なんて遅れているんだという感じでしょうが、自分の中では「乗馬」という感覚が抜けず、ウマ乗らないしなぁなんて真剣に考えていました。。。。
さらに、ストレートのジーンズを持っていない&ピタピタのスパッツ(なんというのでしょうか!?)を履いて外に出歩くこともまずないので、このファッションに手を出すきっかけがありませんでした。

お店の話に戻りますと、お店はファイナルセールが行われており、激安!
このお店、日本にいた時から気になっていた「UNITED NUDE」も扱っています。
日本ではセレクトショップで見かけることが出来ますが、ちょっと変わったデザインでおしゃれなんだけれどもバカ高い。(泣)セールになっても、高い。デザインは良いけどこの値段を出して買うのはどうかなぁと悩むブランドでした。
そのブランドの靴が£50を下回る値段で置いてある!すご~いと思わず目の色変わりました。(笑)

とりあえず「UNITED NUDE」もひと通り見て、気になったブーツを試着。セールなのでサイズがなく、普段の自分のサイズより小さいもの。ジッパーのないブーツは始めてで、履き方に慣れておらずこのサイズは小さいと判定。
それでも、かなり欲しがっていた自分を見て、親切な店員さんがさらなるセール情報を教えてくれました。
店員さん 「今日から3日間、このDMの時間・場所でサンプルセールがあるから除いてみたらどうかな!?」

この日はいいことありました!これは、重い体に鞭打ってジムに繰り出した行動からだな、きっと。(笑)
お店を出て、ジムに行ってサンプルセール会場のLiverpool Street駅付近までさらに歩きました。(バス定期を家に忘れた為。)

この日は初日。セールは17時からで狭いお店だったので入場制限もしていました。
おしゃれStreetでみた商品がさらに安くなっているものありで、もう本当に大興奮!£20位で購入出来るものもあって、びっくりしました。「UNITED NUDE」の商品も日本だったら2万はしそうな代物が£30位から購入可能。
ブーツ以外でも結局試着しまくりました。職があったら5足は購入していただろうな。。。。

きれいなヒールの靴を見ると、それだけで欲しくなりがちですが、歩けるかどうかは一応気にするようにしています。
きれいな靴は、エレガントに歩けてこそきれいな訳で、歩けないようなヒールの高い靴を、背中をまるめたりひざを曲げてまで無理やり履いている若い日本人の女の子に、よく疑問を感じていました。
高いピンヒールを履いてきれいに歩けないなら、履かなければいいと私は思います。

ピー子の大ファンでもありませんが、ピー子の言葉で「おしゃれは我慢。」という言葉が好きです。
ピー子のファッションチェックで、真冬に寒いからといってインナーと合わないカーディガンを着ている人を見て、「こんなカーディガンなんて脱いで寒さを我慢しなさい!」と滅多切りしているところが好きでした。

カーディガンが着たいならそれにあわせたファッションをすれば良いし、寒いからといって変な服をあわせてはいけないというピー子の気持ち、私は賛成です。(笑)

ロンドンでは、ハイヒールを履ける機会があまりないので、ヒールの靴は泣く泣く諦め、ブーツを試着。
普段の私のサイズが一足だけあり、これはお店と値段は一緒でしたが、デザイン違い。こちらのデザインも可愛かったので、履いてみたところ大きい。。。。
お店のサイズで良かったのか(泣)ということになり、次の日おしゃれStreetのお店の方で試して購入しました!

20032010-220032010-320032010-4

全く写真にやる気がないですけど(すみません)、この後姿と大振りなお花のパターンに惚れてしまいました。
£200以上だったと思われますが、£99。今の自分には大きな買い物ですが、かなり気に入ったので金額には納得です。
ついに私も乗馬スタイルデビュー!(笑)とはいえ、もう春だから活躍するのは来年かな!?

夏のセールの狙い目は、「UNITED NUDE」の「Möbius」シリーズ。ずっと欲しかったので、セールにならなかったら定価でもよいかなと思ってます。

店員さんもとってもフレンドリーですし、ちょっとデザイン性のある靴を探している方にはおすすめだと思います。

おしゃれStreet bermondsey167

2010.03.11
今日は、おしゃれStreet「Bermondsey Street」のお店をご紹介します。

「bermondsey167」
167 bermondsey Street, London SE1 3UW
TEL 020 7407 3137
11032010-1

去年の旦那へのクリスマスプレゼントはこちらで購入しました。

このお店に行ったのは、1月末頃で最終セールでした。
ディスプレイされていたセーターを始めて見た時から気になっており、年が明けたにも関わらずクリスマスプレゼントをあげていなかったので、これにしようと決めました。
プレゼントは、サプライズよりも一緒に見て選んで長く使いたい・使って欲しい気持ちが強いので、一応旦那も連れてこちらのお店に行ってみました。

購入したのはこちら。

11032010-211032010-3

他にも色違いがありましたが、温かみにあるこげ茶と赤の組み合わせにしました。
この袖・襟ぐり・すそのグラデーションに脇の部分も白のラインでメリハリがあって気に入りました。セール価格で£100位。
本当は、私が着たい位なのですが、レディースはなくメンズのみです。
このパターンは定番のようで、春物でコットン素材のこのデザインもありました。私も、一番小さいサイズを少し大きめに着てしまおうか迷い中。。。。

こちらのオーナーはとってもフレンドリーな方で、色々アドバイスして下さいました。可愛い犬も店内をふらついてます。(笑)
女性用の洋服はないように思いましたが、マフラーなど一部取り扱いもありました。
コスチュームジュエリーに関しては、センスの良いものがたくさんありましたので、好きな方には良いと思います。

旦那は洋服に興味がないので、あまりにも奇抜な柄でなければ選んだ洋服を比較的素直に着てくれるので(笑)、またこのお店の服を旦那にプレゼントしたいなぁと思います。

メンズのちょっとかっこいい服を見つけることが出来るお店です!
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Second Stage in London All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。